日清紡グループの環境経営推進

日清紡グループは、企業理念「挑戦と変革。地球と人びとの未来を創る。」の具現化を通して、多様性の中での団結を進め企業価値の向上を目指しています。環境保全、省エネルギー、代替エネルギーを実現する新製品やシステム提案はもとより、環境破壊や気候変動による災害など人間社会が直面する課題に対してもソリューションを提供し、「環境・エネルギーカンパニー」グループとして、安全かつ安心な暮らしに貢献していきます。

中期環境目標における主要テーマとその実績

生物多様性保全活動の強化

2018年12月期目標 「生態系保全先行推進モデル事業」の展開
2018年12月期調整後実績 9事業所で活動推進中
評価

日清紡ブレーキ(株)豊田事業所譲渡のため、
1事業所減となりました。

2021年12月期目標 海外での展開 5事業所以上

売上当たりの水使用量の削減(新設)

2018年12月期目標
2018年12月期調整後実績
評価
2021年12月期目標 2018年3月期比 3%以上削減

ライフサイクルアセスメント(LCA)の推進

2018年12月期目標 売上に占める割合 40%以上
2018年12月期調整後実績 売上に占める割合 26%以上
評価

×

先行していた紙製品事業の譲渡があったため目標未達成となりました。

2021年12月期目標 売上に占める割合 50%以上

「持続可能な社会に貢献する製品」の拡販

2018年12月期目標 売上に占める割合 40%以上
2018年12月期調整後実績 売上に占める割合 48%以上
評価
2021年12月期目標 売上に占める割合 55%以上

売上当たりの使用エネルギー削減

2018年12月期目標 2015年3月期比 5%以上削減
2018年12月期調整後実績 2015年3月期比 5%以上削減
評価
2021年12月期目標 2015年3月期比 10%以上削減

売上当たりの温室効果ガスの排出量削減

2018年12月期目標 2015年3月期比 5%以上削減
2018年12月期調整後実績 2015年3月期比 4%以上削減
評価

×

精密機器事業での海外展開拡大や化学品事業でのLNG
船用断熱材の大口受注があり目標未達成となりました。

2021年12月期目標 2015年3月期比 10%以上削減

売上当たりのPRTR物質排出量削減

2018年12月期目標 2015年3月期比 10%以上削減
2018年12月期調整後実績 2015年3月期比 36%以上削減
評価
2021年12月期目標 2018年3月期比 10%以上削減

リサイクル率の改善

2018年12月期目標 90%以上
2018年12月期調整後実績 77%
評価 ×
2021年12月期目標 リサイクル率 90%以上

※ 対基準増減率については、参考値として当連結会計年度を12カ月間に組み替えた調整後実績による増減率を記載しています。

長期環境目標(2025年度まで)

「持続可能な社会に
貢献する製品」の拡販

売上に占める割合を65%以上

売上当たりの温室効果ガス
の排出量削減

2015年3月期比 15%以上削減

リサイクル率
の改善

リサイクル率95%以上

CSRウェブサイト

日清紡グループの太陽光発電量の実績

熱加工などエネルギーの消費量が多い事業所では、積極的に太陽光発電を導入しています。国内事業所を中心に整備が進み、2018年12月期の発電量は3.8GWhでした。