SDGsへの貢献

脈々と受け継がれてきた企業公器の基本精神の下、
企業経営の中心に「ESG」を据えてきた日清紡グループは、
戦略的事業領域への注力を通じて、SDGs への貢献を果たしていきます。

2015年9月の国連サミットでSDGs(持続可能な開発目標)が採択されて以来、各国政府・自治体・地方公共団体・企業・市民社会など、さまざまな団体で、SDGsへの取り組みが加速しています。

「挑戦と変革。地球と人びとの未来を創る。」を企業理念とする日清紡グループは、創業初期のころから、「企業は人間社会に貢献することをその存在理由とし、継続的貢献をもって成長の原動力とする」という企業公器の基本精神を脈々と受け継いで事業を推進してきました。

企業理念とテキスト

国家の近代化・工業化に貢献する綿紡績メーカーとして1907年に創業後も、日本の基幹産業が繊維から自動車へとシフトしていった1970年代以降は、摩擦材のスペシャリティサプライヤーとして自動車産業の発展に寄与してきました。そして1990年代以降、人類共通の課題として地球温暖化による環境問題が顕在化すると、当社グループは「環境・エネルギーカンパニー」グループを標榜し、事業ポートフォリオを継続的に変革してきました。そして、2019年には、「モビリティ」「インフラストラクチャー&セーフティー」「ライフ&ヘルスケア」の3つを戦略的事業領域として定め、既存の7事業を通じて、その課題解決と超スマート社会の実現に向けて注力してきました。

また、製品・サービスを通じて社会への継続的貢献を果たすと同時に、企業としての事業活動においても、環境負荷への認識・配慮や、人権や多様性の尊重、コンプライアンスの徹底などは、企業理念に基づく行動指針として積極的に取り組んできました。今、企業が長期的な成長を図るための重要な要素として、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)の三つを重視する「ESG経営」への注目が集まっていますが、日清紡グループにおいては、「ESG」への注目が高まる以前から、この考え方が企業経営の中心に据えられてきました。

また、SDGsが採択されて以降は、SDGsのすべてのゴールを意識した上で、特に当社グループがSDGs達成の貢献に直結すると考えられるコアとなるゴールとターゲットを特定し、取り組みを進めています。

日清紡グループの SDGs へのアプローチ

日清紡グループは、グループ企業理念を「挑戦と変革。地球と人びとの未来を創る。」と定めています。私たちの目指す方向はSDGsと重なっており、企業活動全体および「環境・エネルギーカンパニー」グループとして、事業を通じてSDGsの達成に貢献していきます。

企業理念とテキスト

事業としてかかわりが深い SDGs ゴール

日清紡グループの目指す方向はSDGsと重なっており、バリューチェーンのどのプロセスにおいてもSDGsの達成に貢献していきます。
当社グループは、すべてのSDGsを意識しながら具体的に貢献するゴールを考慮しています。特に当社グループが企業活動全体および戦略的事業領域を含む事業戦略を通じて、SDGs達成の貢献に直結すると考えられるコアとなるゴールを特定し、取り組みを進めています。

企業活動全体で貢献するコアとなるSDGsゴール
E
環境
S
社会
G
ガバナンス

原料調達

  • LCA活動を推進し、化学物質や廃棄物の排出量削減や環境配慮型製品の開発に活用
LCA
  • 化学物質管理の活動の推進
化学物質管理
  • 「CSR調達ガイドライン」を策定しサプライヤー様に周知。さらに調達先アンケートを活用
CSR調達基本方針
  • 「腐敗行為防止のてびき」を策定し海外グループ会社を含め贈収賄防止対策に活用
コンプライアンス

生産

  • ゼロエミッション(リサイクル率99%以上)活動を展開
  • リサイクル率95%の達成を目標にした廃棄物削減活動
省資源
  • 事業所や主要なサプライチェーンの水リスク評価を実施。さらに水使用量調査と管理を実施
水資源
  • 人権・雇用などあらゆる面で多様性を尊重し、ワークライフバランスを推進
  • 安全衛生活動の取り組み
人権・労働慣行
  • 「グループ健康管理部門会議」による健康経営の推進
健康
  • 社員が積極的に環境貢献活動や環境美化活動に参加
コミュニティへの参画、コミュニティの発展

物流

  • 輸送量の低減による燃料など天然資源の効率的な利用を推進
輸送量

販売

  • 持続可能な社会に貢献する製品の拡販
環境への取り組み
  • 梱包材料の再使用や使用量削減などを推進
省資源
  • 「顧客満足度向上施策の継続推進」を達成するために計画的に対策
消費者課題
  • 企業倫理通報制度を設け、法令違反に対する早期発見と是正・再発防止
企業倫理通報制度
戦略的事業領域を含む事業戦略で貢献するコアとなるSDGsゴール
モビリティ インフラストラクチャー
&セーフティー
ライフ&ヘルスケア
企業活動全体で貢献するコアとなるSDGsゴール
E
環境

原料調達

  • LCA活動を推進し、化学物質や廃棄物の排出量削減や環境配慮型製品の開発に活用
LCA
  • 化学物質管理の活動の推進
化学物質管理

S
社会

  • 「CSR調達ガイドライン」を策定しサプライヤー様に周知。さらに調達先アンケートを活用
CSR調達基本方針

G
ガバナンス

  • 「腐敗行為防止のてびき」を策定し海外グループ会社を含め贈収賄防止対策に活用
コンプライアンス

生産

E
環境

  • ゼロエミッション(リサイクル率99%以上)活動を展開
  • リサイクル率95%の達成を目標にした廃棄物削減活動
省資源
  • 事業所や主要なサプライチェーンの水リスク評価を実施。さらに水使用量調査と管理を実施
水資源

S
社会

  • 人権・雇用などあらゆる面で多様性を尊重し、ワークライフバランスを推進
  • 安全衛生活動の取り組み
人権・労働慣行
  • 「グループ健康管理部門会議」による健康経営の推進
健康
  • 社員が積極的に環境貢献活動や環境美化活動に参加
コミュニティへの参画、コミュニティの発展

物流

E
環境

  • 輸送量の低減による燃料など天然資源の効率的な利用を推進
輸送量

販売

E
環境

  • 持続可能な社会に貢献する製品の拡販
環境への取り組み
  • 梱包材料の再使用や使用量削減などを推進
省資源

S
社会

  • 「顧客満足度向上施策の継続推進」を達成するために計画的に対策
消費者課題

G
ガバナンス

  • 企業倫理通報制度を設け、法令違反に対する早期発見と是正・再発防止
企業倫理通報制度
戦略的事業領域を含む事業戦略で貢献するコアとなるSDGsゴール

モビリティ

インフラストラクチャー
&セーフティー

ライフ&ヘルスケア

戦略的事業領域を含む事業戦略についての詳細は、統合報告書別ウィンドウ表示に掲載しています。

企業活動で貢献するSDGsゴールと主要活動目標

  • 3. すべての人に健康と福祉を

    あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

  • 4. 質の高い教育をみんなに

    すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

  • 5. ジェンダー平等を実現しよう

    ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

  • 6. 安全な水とトイレを世界中に

    すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに

    すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

  • 8. 働きがいも経済成長も

    すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

  • 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう

    強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

  • 12. つくる責任 つかう責任

    持続可能な消費と生産のパターンを確保する

  • 13. 気候変動に具体的な対策を

    気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

  • 16. 平和と公正をすべての人に

    持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

    持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

矢印

矢印
日清紡グループは、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

コアとなる SDGs ゴールと活動の関連については、環境への取り組み、人権・労働慣行、公正な事業慣行、消費者課題、コミュニティへの参画、コミュニティの発展の「日清紡グループの SDGs への取り組み」をご参照下さい。
より具体的な取り組み事例については、「コアとなる SDGs ゴールおよびターゲットと日清紡グループの活動」をご参照下さい。

経営層へのSDGs研修会開催

当社グループは、2020年8月に各事業会社の経営層を対象に、外部講師を招きSDGsセミナー(新たな共創社会の実現に向けて)を開催しました。持続可能な社会の実現に向け、SDGsに取り組むべき理由などについて解説を受けました。

グループ報「N+」によるSDGs啓発活動

グループ報「N+」では、SDGs関連記事を毎号掲載しています。特集として外部の有識者による寄稿を掲載し、SDGsが誕生した背景やSDGsの目的、世界の状況などを紹介、またESG投資の解説とあわせてSDGs活動の重要性を解説し、理解の浸透を図っています。その後、グループ各社で実施している種々の取組みが、SDGsのゴールと目的を同じくしていることを認識してもらうための活動紹介を連載しています。

SDGsグループ報
グループ報「N+」

環境ニュースによるSDGs啓発活動

日清紡グループは、環境ニュースを年4回発行し、環境関連の情報を国内グループへ発信しています。当社グループで行われている環境活動とSDGsとの関係性を説明することにより、SDGs啓発活動を推進しています。

環境ニュース
環境ニュース
環境ニュース

日経「SDGs経営」調査2020の総合評価で4つ星に認定

日清紡グループは、「SDGs経営」に積極的に取り組み、企業価値向上に繋げている企業を評価する、日経「SDGs経営」調査を重要視しています。

当社グループは、企業価値向上とSDGsへの貢献を両立している企業を評価・格付する第2回日経「SDGs経営」調査2020の総合評価で、4つ星(偏差値60以上)に認定されました。

日経「SDGs経営」調査は、「SDGs戦略・経済価値」「社会価値」「環境価値」「ガバナンス」の計4つの分野に関する質問で構成されています。事業を通してSDGsに貢献し、企業価値向上につなげる取り組みをSDGs経営と定義し、17の評価指標に基づき企業向けアンケート調査や公開データなどから企業を評価するもので、今回が2回目の実施となります。今年は国内の上場企業など731社が調査に参加しました。

日経「SDGs経営」
日経「SDGs経営」調査2020