健康

日清紡グループのSDGsへの貢献

日清紡グループは、社員の健康づくりの活動を通じ、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献します。
当社グループのサステナビリティ目標である、「健康経営の推進」を達成するために、KPI を管理し、計画的に対策を講じています。

※ KPI:Key Performance Indicator 業績管理指標・業績評価指標

コアとなるSDGsゴールおよびターゲットと日清紡グループの活動

日清紡グループは、SDGs 3.4をコアとなるゴールおよびターゲットと考え、従業員の健康づくりを推進しています。グループ全社に「日清紡グループ健康経営方針」を示して、各事業会社の特色を生かしながらも、グループとして統一的な活動を行っています。

  • 3. すべての人に健康と福祉を

    あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する。

  • ターゲット:3.4

    2030年までに、非感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。

日清紡グループ健康経営方針

日清紡グループは、従業員と組織の健康づくりの推進により、一人ひとりが一層活躍できる環境の整備を通して、社会に必要とされ続ける企業グループを目指します。

健康経営をグループ全体で推進

日清紡グループでは、健康経営をグループ全体で推進するために、2018年度から各社の健康管理部門の担当者による「グループ健康管理部門会議」を発足させ、統一的な活動を推進しています。

具体的には、次の3項目を三本柱として、活動を進めています。

  • ①「個人の健康」の観点から、健康診断の問診データに基づいた生活習慣の改善
  • ②「組織の健康」の観点から、ストレスチェックの職場分析結果をふまえた職場改善活動の推進による総合健康リスクの低減
  • ③事業再編・組織改革に伴う業務の内容・就業形態の多様化、人材交流の活発化に対応した安全配慮義務の確実な履行

健康経営施策のフレーム

健康経営施策のフレーム

2021年度の国内グループにおける各項目の活動ポイントは、以下の通りです。

  • ① 喫煙率は「喫煙可能時間の短縮や喫煙所の削減」、運動習慣のある人の比率は「ウォーキングイベントへの参加促進」や「運動に関する産業医の講話」を実施。
  • ②ストレスチェックの総合健康リスク値の平均100以下の維持、100超の会社数の減少。
  • ③安全配慮義務の確実な履行については、2022年度より就業上のガイドラインと安衛法健診項目から健康管理レポートの作成を決定。

これらの取り組みが評価され、経済産業省が制度設計し、日本健康会議が選定する「健康経営優良法人認定制度」において、大規模法人部門で日清紡ホールディングス(株)、日本無線(株)、日清紡マイクロデバイス(株)、日清紡ブレーキ(株)、日清紡メカトロニクス(株)、日清紡ケミカル(株)、日清紡テキスタイル(株)、長野日本無線(株)の8社が、中小規模法人部門で長野日本無線マニュファクチャリング(株)、日清紡マイクロデバイスAT(株)、日清紡マイクロデバイス福岡(株)の3社が、「健康経営優良法人2022」に認定されました。

健康経営優良法人2022
健康経営優良法人 2022:大規模法人部門
健康経営優良法人2022
健康経営優良法人 2022:中小規模法人部門

2022年度は、引き続き「新型コロナウイルス感染症の影響という大きな環境変化の下で職場と従業員の健康を守り、生産性を高める基盤としての健康経営施策の推進」との考え方に基づいて、諸活動を推進します。

そのうえで、①については「喫煙率削減」「運動習慣のある人の割合増加」「睡眠で休養が十分とれている人の割合増加」に取り組みます。②についてはエンゲージメント(組織の強み)を活用した組織の活性化を可視化できる事に取り組みます。また①②を横断した取り組みとして、心身の健康を総合的に捉えて改善を進めていくための指標の策定をおこないます。③については、新型コロナウイルス感染症対策として、職場における感染防止、感染時の重症化予防に引き続き取り組みます。

新型コロナウイルス感染症の流行下で健康の維持・増進はより重要性を増しています。日清紡ホールディングス(株)では、「新型コロナウイルスに負けない身体づくり」と「健康通信」を作成して食事・運動・心の健康などの情報をイントラネットに掲載しています。

今後もグループ一体となって、従業員が心身ともに健康でよりよいパフォーマンスを発揮できるための諸施策に、積極的に取り組みます。

新型コロナウイルスに負けない身体づくり
新型コロナウイルスに負けない身体づくり
「健康通信」
「健康通信」

日清紡グループの活動事例

新型コロナワクチン職域接種実施

日清紡ホールディングス(株)では本社おいて2021年7月~9月に新型コロナワクチン職域接種を実施しました。

対象は東京近郊で勤務されている日清紡グループの従業員で、合計1,916名が2回の接種を行いました。接種は日清紡ホールディングス(株)の産業医を中心に日清紡グループ&契約している健診機関の医療スタッフに担当いただき、関係スタッフは日清紡ホールディングス(株)および日本無線(株)の総務・人事部門等で対応しました。1日に約220名の接種を予定していたため、全員が予定通りにスムーズに接種できるよう、スタッフは毎回、接種前後にミーティングを実施し改善を重ねながら対応し、大きなトラブルも無く無事に接種を完了することができました。

なお、当社では職域追加接種(3回目)についても2022年2月~4月に実施しました。今回の接種は日本無線(株)の産業医にも担当いただき、前回同様のスタッフにて1,778名に接種を行いました。

職域接種会場
職域接種会場

健康経営の推進

長野日本無線(株)では、健康経営の推進に向けて、2021年10月に「長野日本無線グループ健康経営方針」を制定しました。
「個人の健康」「組織の健康」を活動の柱として推進し、会社の成長を支える従業員が健康増進を推進することで、組織の活性化、生産性の向上などをもたらし、企業価値向上へ繋がることが期待されます。

健康増進に向け2021年度に開催した社内セミナーは、禁煙セミナー(10月)、生活習慣病予防のためのウォーキング講座(11月)、メンタルヘルス向上のためのリラクゼーション講座(11月)で、長野県健康づくり事業団から講師を迎え、指導していただきました。参加者からは、ウォーキングやリラクゼーション講座で実際に体を動かし、効果を実感することができたとの感想が寄せられました。

また、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)認定制度への申請を実施し、2022年3月9日付けで認定されました。申請にあたり健康経営に関する課題が明確となり、今後優先的に取り組みを推進することで健康経営度を向上していきます。

リラクゼーション講座
リラクゼーション講座

新型コロナワクチン職域接種実施

長野日本無線(株) 長野本社おいて、2021年9月~10月に新型コロナワクチン職域接種を実施しました。職域接種については、厚生労働省から地域の負担軽減、接種の加速化を図るための呼びかけがあり、従業員の安心安全の確保のため実施を進めることとしました。

接種の対象者は長野日本無線各社および日本無線(株) 長野事業所の従業員で、合計1,740名が2回の接種を行いました。接種は長野日本無線(株)の産業医に担当いただき、関係スタッフは長野日本無線各社および日本無線(株) 長野事業所の総務・人事部門などで対応しました。1日あたり約250名の接種を予定していたため、全員が予定通りにスムーズに接種できるよう、スタッフは毎回改善を重ねながら対応し、大きなトラブルも無く無事に接種を完了することができました。

なお同社では、3回目の職域接種についても厚生労働省に申込みを済ませており、2022年6月に実施します

食育セミナーの実施

日清紡マイクロデバイス(株) やしろ事業所では、「見直そう、日本が誇る健康食 和食」をテーマとした食育セミナーを2021年7月、12月に実施しました。

近年、食育基本法が成立するなど国をあげて適切な食習慣を追求する取り組みがあります。食は人間が健康で豊かな生活を送るうえでの基礎となるものです。今回は、日本が誇る健康食の和食について各回20名が参加し、ジャパンウェルネス(株)の管理栄養士の方から講習を受けました。堅苦しいものでは無く、新型コロナウイルス感染症対策に配慮した会場で和食のお弁当を食べながら、食事の栄養バランスや、家庭でもできる和食レシピなど、食について学びました。

参加者からは、家庭でも活用できる知識を学ぶことができたと好評を得ました。今後もこのような活動を継続し、社員の健康的で豊かな暮らしを応援していきます。

健康食についての講習
健康食についての講習
講習当日に提供された和食弁当
講習当日に提供された和食弁当

地元のウォーキングコース紹介による運動習慣作り

日清紡マイクロデバイス福岡(株)では、コロナ禍における運動不足解消や健康作りのために、2021年度防災安全衛生委員会の活動計画にウォーキングコース紹介を立案し、実施しました。

この企画は、毎年9月から11月に行われる日清紡マイクロデバイス(株)主催の「+10ウォーキングチャレンジ」とは別に行う、年間を通じて運動習慣作りを支援するものです。地図付きのウォーキングコースを紹介するにあたり、ただ歩くだけではなく、複数あるコース案内で紹介されているお寺や神社、公園などの見どころスポットに立ち寄り、楽しみながら、いつの間にか歩数を稼げるようにすることをねらいとしました。会社所在地の今宿エリアから始まり、近隣の姪浜、今津、周船寺、下山門エリアで2kmから5kmほどのあらかじめ設定された4、5コースの中から選んで歩きます。今まで気付かなかった新たな発見もあり、フィジカルとメンタルの両面での健康増進に役立ててもらっています。

ウォーキングコース紹介
ウォーキングコース紹介

新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み

南部化成(株)では、出勤時に検温と健康チェック表の記入を全従業員に徹底することで、体調不良者の場内立ち入りを制限しています。

来客の方に対しては、非接触型の体温計を用いて検温チェックを実施し、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めています。出張者に対しては、得意先訪問の延期を要請し、Web会議の利用を促進しています。

また、作業机間や食堂のシート間仕切りの設置、通路や会議室への消毒用アルコール設置などを行い、新型コロナウイルス感染予防に努めています。加えて、定期的に感染防止対策の注意喚起を行い、一人ひとりの対策意識を高める働きかけを行っています。

管理面においては、備蓄用のマスクおよびアルコール消毒液の保管基準を決め、在庫管理をし、供給体制を整えています。感染拡大防止を目的とした消毒訓練も実施しています。

飛散防止パネル設置した食堂
飛散防止パネル設置した食堂

新型コロナウイルス社内感染拡大防止の取り組み

Nisshinbo Mechatronics (Thailand) Ltd.(タイ)では、行政指導のもと、新型コロナウイルスの社内感染拡大防止対策を実施しました。

入場時の検温、アルコール消毒の実施、来場者の行動履歴や抗原検査の陰性証明の提示など入場時の管理を強化しました。工場内では、食堂や休憩室に間仕切りを設置したほか、会議室や食堂、トイレなど共用スペースに消毒用アルコールを設置しました。また、全従業員に対して定期的にPCR検査および抗原検査を実施することにより、感染者およびハイリスク者の早期発見、対応ができるようにしました。さらに行政の「バブルアンドシール」対策の方針に従い、感染者やハイリスク者の企業での受入れの検討、準備を進めました。

これらの感染拡大防止策や社内での運用ルール、従業員への感染防止に関する情報周知方法などについて、自己監査および行政による確認により 「Good Factory Practice for COVID-19」(行政からの証明書)を取得しました。

「Good Factory Practice for COVID-19」(行政からの証明書)
「Good Factory Practice for COVID-19」(行政からの証明書)