公正な競争・取引

日清紡グループのSDGsへの貢献

日清紡グループは、CSR調達推進の活動を通じ、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献します。
当社グループ中期CSR目標である、「調達先と連携したCSR調達の改善実施」を達成するために、KPI を管理し、計画的に対策を講じています。

※ KPI:Key Performance Indicator 業績管理指標・業績評価指標

コアとなるSDGsゴールおよびターゲットと日清紡グループの活動

日清紡グループは、SDGs 16.5をコアとなるゴールおよびターゲットと考え、CSR調達推進の活動を推進しています。当社グループ全社に「CSR調達基本方針」を示して、グループとして統一的な活動を行っていきます。

  • 16. 平和と公正をすべての人に

    持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する。

  • ターゲット:16.5

    あらゆる形態の汚職や贈賄を大幅に減少させる。

CSR調達

当社はサプライチェーン全体としてCSRに取り組むために基本となる考えを日清紡グループ「CSR調達基本方針」に定めています。

日清紡グループ「CSR調達基本方針」を各社の事業内容などに沿ってより具体化した「CSR調達ガイドライン」として策定し、サプライヤーさまに周知したうえで「調達先アンケート」を実施しています。アンケート結果は、サプライヤーさまにフィードバックして改善活動に取り組んでいます。
2019年1月には、グループ会社のCSR調達担当者会議を初めて開催し、活動状況やKPIの進捗などを話し合いました。この会議は毎年継続して実施していきます。

今後もCSR調達の取り組みをサプライヤーさまとともにさらに推進していきます。

「パートナーシップ構築宣言」

この宣言は、内閣府、中小企業庁が主管となって推進しているもので、取引先との共存共栄の取り組みや、「取引条件のしわ寄せ」防止を宣言するものです。
経団連、紡績協会からの協力要請もあり宣言しました。

パートナーシップ構築宣言
パートナーシップ構築宣言

日清紡グループの活動事例

法令順守の取り組み

日清紡ブレーキ(株) 館林事業所では、サプライヤーと接する事の多い調達部メンバー全員が、日本自動車工業会・日本自動車部品工業会の主催する自動車産業適正取引ガイドラインおよび下請法セミナーを受講し、同ガイドラインの順守や下請け法の定める親事業者の義務、禁止事項などの理解を深める法令順守教育を実施しています。

また、年々強化される化学物質の規制に対応するため、グループ内各拠点を通じて各国の規制動向や顧客要求を収集し、摩擦材製品への使用禁止原料リストに登録することにより、グリーンな摩擦材開発に役立てています。

下請事業者に対する金型管理の取り組み

日清紡メカトロニクス(株) 美合工機事業所では、下請法を順守するにあたり、設備(治具、金型)を貸与している下請事業者さまに対して長期間使用していない設備の保管料を支払うための基準と手順を明確に定め実施しています。また不要設備の廃棄・返却を積極的に行い、取引業者様との良好な関係を構築するための活動も行っています。

また、この機会に金型の写真のみならず金型の保管状態の写真も金型借用書に追加し、循環棚卸時に適切な状態で保管されていることも確認できるようにしました。“下請法順守”の取り組みが、“金型管理”の活動へと広がっています。