水資源

日清紡グループのSDGsへの貢献

日清紡グループは、水資源の活動を通じ、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献します。
当社グループ中期環境目標である、売上当たりの水使用量の削減を達成するために、KPI を管理して計画的に対策を講じています。

※ KPI:Key Performance Indicator 業績管理指標・業績評価指標

コアとなるSDGsゴールおよびターゲットと日清紡グループの活動

日清紡グループは、SDGs 6.4をコアとなるゴールおよびターゲットと考え、水資源の活動を推進しています。

  • ①ISO14001の活動を通じ、節水活動を推進
  • ②製造拠点での節水タイプの設備導入、水使用量の削減、排水処理水の再利用などの活動拡大
  • ③水事情の異なる海外事業所における、雨水の利用や水の循環保全(地下水への戻し)など、持続可能な取水への取り組み
  • ④繊維事業における、取水した井戸水を浄化し、その一部を近隣住民に無料で送水する活動
  • ⑤化学品事業における、水処理用微生物担体の提供による、国内外の排水処理分野への貢献
  • 6. 安全な水とトイレを世界中に

    すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する。

  • ターゲット:6.4

    2030年までに、全セクターにおいて水利用の効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取及び供給を確保し水不足に対処するとともに、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。

水リスクの把握と監視

世界資源研究所(WRI)が発表しているAQUEDUCT水リスク地図 を活用して、日清紡グループの事業所、主要なサプライチェーンの水リスク評価を実施しています。当社グループでは、「非常にリスクが高い」と評価された事業所およびサプライチェーンを監視対象としています。さらにはサプライチェーンの水使用量調査を行い、調査結果を管理しています。

WRIはAQUEDUCT水リスク地図を更新しました。当社グループでは、水リスク再評価を現在進めています。

※ AQUEDUCT水リスク地図:12種類の水リスク指標を基に作成された地図で、水リスク指標には「物理的な水ストレス」、「水の質」、「水資源に関する法規制リスク」、「レピュテーションリスク(風評リスク)」などが含まれている

AQUEDUCT水リスク地図
AQUEDUCT水リスク地図

CDP水セキュリティ2020評価

CDPは、環境分野に取り組む国際NGOです。CDPの評価は、CDPが全世界9,600社以上の企業を対象に調査を行い、企業が気候変動や森林減少、水のセキュリティといった問題にどのように効果的に対応しているかに基づきAからD-のスコアで評価するものです。日清紡グループは、「水セキュリティ2020」で「B」評価を受けました。

CDP水セキュリティ2020評価
CDP水セキュリティ2020評価

水使用量

日清紡グループの水使用量実績は、8.3百万m³と前年度水使用量比 11%減少しました。売上当たりの水使用量は18.3 m³/百万円となり、前年度売上当たりの水使用量比ほぼ同等となりました。新型コロナウイルス感染症の影響により、全ての事業において水使用量が減少しました。

水のリサイクル量実績は、0.74百万m³でした。前年度水のリサイクル量比同等となりました。水使用量が減少したためリサイクル比率は向上しています。

水使用量と売上当たり水使用量

水使用量と売上当たり水使用量

(百万m³)

  2016 2017 2018
(調整後)
2019 2020
水の使用量 25.5 10.6 10.3 9.4 8.3
(m³/百万円)
売上当たり水使用量 48.3 20.7 20.0 18.4 18.3

※ 当社は2018年に、決算日を3月31日から12月31日に変更しました。これに伴い経過期間となる連結会計年度は、変則的な決算となっています。このため2018年度は、当連結会計年度と同一期間の12カ月間となるように組み替えた調整後参考値を記載しています。

水リサイクル量の推移

水リサイクル量の推移

(百万m³)

  2016 2017 2018
(調整後)
2019 2020
水のリサイクル量 1.570 0.812 1.053 0.743 0.741

※ 当社は2018年に、決算日を3月31日から12月31日に変更しました。これに伴い経過期間となる連結会計年度は、変則的な決算となっています。このため2018年度は、当連結会計年度と同一期間の12カ月間となるように組み替えた調整後参考値を記載しています。

事業別の水使用量は繊維事業が全体の64%となりました。

事業別水使用量の推移

事業別水使用量の推移

(百万m³)

  2016 2017 2018
(調整後)
2019 2020
エレクトロニクス 1.7 1.6 1.6 -- --
無線・通信 -- -- -- 0.4 0.5
マイクロデバイス -- -- -- 1.3 1.3
ブレーキ 0.5 0.5 0.4 0.4 0.3
精密機器 1.3 1.3 1.2 1.0 0.8
化学品 0.1 0 0.1 0.1 0.1
繊維 7.4 7.2 6.9 6.1 5.3
その他 0 0 0 0 0
紙製品 14.5 -- -- -- --
水使用量 25.5 10.6 10.3 9.4 8.3

※1 当社は2018年に、決算日を3月31日から12月31日に変更しました。これに伴い経過期間となる連結会計年度は、変則的な決算となっています。このため2018年度は、当連結会計年度と同一期間の12カ月間となるように組み替えた調整後参考値を記載しています。

※2 2019年度よりエレクトロニクス事業を無線・通信事業とマイクロデバイス事業に分離しました。

日清紡グループの活動事例

海洋生分解促進剤を探索、群馬大と共同

日清紡ケミカル(株)は、海洋生分解性を高める添加剤を探索しています。群馬大学と共同で取り組むもので、リード化合物と呼ばれる海洋生分解性制御化合物を広くスクリーニングしており、探索したリード化合物を比較的生分解しにくい樹脂に内添させて、海洋での生分解性を確認しています。すでに、一定の生分解促進機能を有する化合物がみつかっており、さらなる探索も継続しています。

同社は、生分解を抑制する機能化学品「カルボジライト」を事業化し、グローバル展開しています。カルボジライトと生分解促進の新規リード化合物を併せ持つことで、樹脂の生分解機能をコントロールできるようにして、世界的に重要性が高まるSDGs(持続可能な開発目標)への貢献を果たしていきます。

空調機の更新による節水

長野日本無線(株)は、構内に深井戸を3本所有しており、豊富な地下水を生かした水冷エアコンを使用しています。老朽化のため数年前から空冷エアコンへの更新工事を進め、110台(2013年時点)から2020年度5台の更新の結果、残り33台となっています。

水冷エアコンは1台につき約4,000m3/年の地下水を使用しており、本年度5台更新した場合、年間約20,000m3の水使用量削減が見込まれます。
また、使用する地下水が減少することから、構内各所に配置している給水ポンプの最適化により使用電力の削減も期待されるため、平行して検討を進めています。

福岡市環境行動賞奨励賞受賞

(株)エヌ・ジェイ・アール福岡では、排水リユースシステムによる排水の有効利用に取り組んでいます。

工場からの排水を下水として放流する前に抜き取り、RO膜(逆浸透膜)を利用して排水中の不純物を除去し、冷却塔の散布水などに再利用しています。2020年度は、約87,000m3/年の排水を再利用しました。

また、1日の中で必ず、ろ過塔再生中の設備停止時間(約2hr)が生じます。この停止時間を短縮して、さらなる稼働率UPに繋げる設備構成の見直しや、増量した処理水の使用用途を、現在メーカ-と検討中です。

下水排出量削減を目標とした工場排水リユース活動が評価され、2020年6月に福岡市から「福岡市環境行動賞」の奨励賞を受賞しました。この賞は、福岡市における環境の保全・創造に高い水準で貢献し、顕著な功労・功績のあった個人・団体・学校・事業者が顕彰されるものです。

RO 膜ユニット
RO 膜ユニット
表彰状
表彰状

生産用上下水道使用量の削減

佐賀エレクトロニックス(株)では、ウェハダイシング(ウェハをカットして1個1個のチップを切りとる作業)や、基板ダイシング(素子が封止された基板をカットし個片化する作業)に多量の純水や上水道を使用しています。

増産計画によりこれらの純水及び上水道の使用量増加が予想されました。そこで、同工程からの排水を回収し再利用するための濾過装置を導入しました。濾過部には中空糸膜(壁面に無数の超微細孔をもつ、一端が閉じたストロー状繊維膜)があり、圧力を加えた水がここを通過する時に、不純物が除去されます。この装置で濾過した水(上水道以上の水質)は再度製造工程に送水して再利用を行い、大幅な上水道削減を達成しました。目標としていた24,000m3/年削減に対し、実績で32,400m3/年削減となりました。また同量の下水32,400m3/年も同時に削減することができました。

排水回収再利用設備
排水回収再利用設備

処理水の再利用による節水

PT. Nisshinbo Indonesia は、生活用水だけでなく、食料生産や経済活動に必要な資源として人間生活を支えている水資源を大切にする取り組みを行っています。

染色・加工における乾燥工程の水冷ロールで使用している冷却水は、設備改造を行い、取水場に戻して再利用しています。また、工場から排出される使用済みの排水の一部を、工場内で使用できるよう処理することにより、工場で再利用しています。工場排水の再利用はこれまでも行ってきましたが、2020年度にタンクを増設してさらに利用頻度を高めました。

上下水道の普及率が低いインドネシアにおいて再利用水を増やすことで、少しでも地下水の使用を減らすように節水に努めています。工場から排水される量を減らすことにより河川へ排出される水の量も減り、環境負荷の低減にも繋がります。