LCA

LCA(ライフサイクルアセスメント)とは、原材料の調達から、生産、流通、使用、廃棄に至る製品のすべてのライフサイクルにおける投入資源、環境負荷およびそれらによる地球や生態系への潜在的な環境影響を定量的に評価する手法です。日清紡グループでは、環境負荷の把握と低減を図るため、LCAデータを算出して製品企画や製造工程の改善に活用しています。

日清紡グループのSDGsへの貢献

日清紡グループは、LCA(ライフサイクルアセスメント)の活動を通じ、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献します。
当社グループ環境目標である、LCAの推進を達成するために、KPI を管理して計画的に対策を講じています。

※ KPI:Key Performance Indicator 業績管理指標・業績評価指標

コアとなるSDGsゴールおよびターゲットと日清紡グループの活動

日清紡グループは、SDGs 12.4をコアとなるゴールおよびターゲットと考え、LCA活動を推進しています。

  • ①LCAソフトを無制限エンドユーザーライセンスで契約し、利用者の利便性を向上
  • ②LCAソフト活用講習会の開催により、運用者の育成・拡大を推進
  • ③製品LCAの結果をもとに化学物質や廃棄物の排出量を削減
  • ④製品開発段階からLCAを導入し、環境配慮型製品の開発に活用
  • 12. つくる責任 つかう責任

    持続可能な消費と生産のパターンを確保する。

  • ターゲット:12.4

    2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。

LCA活動の推進

日清紡グループは、LCAソフトを有効に活用しながら、LCA活動の拡大を図り、環境配慮型製品の開発を推進しています。

製品LCAの結果をもとに、製造エネルギーや化学物質の排出量を削減することは無論のこと、製品開発段階からLCAを導入し環境配慮型製品の開発に活用することで、「持続可能な社会に貢献する製品」の拡販に繋げます。

ライフサイクルアセスメントイメージ図

ライフサイクルアセスメントイメージ図

日清紡グループの活動事例

中・大型車向けロケーターのLCA

日本無線(株)は、トラックや建設機械、重機に搭載される製品として中・大型車向けロケーターのLCA(ライフサイクルアセスメント)を行いました。

本製品は、通信キャリアを通じて位置情報と車両稼働状況をユーザーのサーバーに送り、運行管理や省燃費・安全運転のサポート、盗難時や事故時の対応など、適切な車両保守管理に役立てる製品です。また通信キャリアを使用して情報伝送しているため、広範囲にわたる通信サービスを実現しています。LCA結果は下図の通りで、気候変動(CO2排出量)への影響は製品使用段階が8割近くを占めています。ロケーターの消費電力は5.28Wで、車両運行時間は常に通電されます。5.28Wの電力を一ヶ月使用した場合のCO2排出量は1.2kg程度となります。これは、明るさ40W相当のLED電球を夜間のみ点灯したときと同程度のCO2排出量であり、環境負荷としては小さいことがわかります。

中・大型車向けロケーターを使った商用車のコネクティッドサービス

中・大型車向けロケーターを使った商用車のコネクティッドサービス

システム図(中・大型車向けロケーター)

システム図(中・大型車向けロケーター)

LCA解析結果

LCA解析結果(中・大型車向けロケーター)

LCA活動の推進

TMD Friction UK LimitedのHartlepool拠点では、2021年6月からライフサイクルアセスメント(LCA)を推進しています。LCAを実施することにより製品製造工程の環境への影響を理解し、環境負荷を低減する取り組みにつなげることができます。

これまでに塗装工程などにおける省エネ、化学物質の大気放出量の削減、輸送量や廃棄物量の削減について改善点があることを見出しました。今後も各製品のLCAを推進し、改善活動を継続していきます。

LCA解析の推進

南部化成(株)では、2020年度よりLCA解析を環境活動の重点課題として取り組んでいます。裾野事業所、藤枝事業所、大井川事業所のマザー拠点に担当者を置き、国内外子会社のLCA解析をサポートしています。

南部化成グループ全体の売上に占めるLCA解析済み製品売上の割合は、2019年0.8%、2020年45.9%、2021年67.4%です。

また、LCA解析を活用して持続可能な社会に貢献する製品の売上拡大にも取り組んでいます。2021年の売上比率は33.9%とまだ苦戦していますが、今後も取り組みを継続していきます。

自動車ランプ部品のLCA解析例

システム図(自動車ランプ)

LCA分析の取り組み

日清紡テキスタイル(株)では製造・販売している商品のLCA分析を推進しています。環境問題への意識が高まる中、できるだけ環境負荷の小さい製品・サービスを社会に普及させていくことが求められており、既存商品および開発商品のLCA分析を行うことは環境型社会を実現する上で非常に有効な手段と捉えています。分析を通して製造工程での省エネ化・CO2排出量削減などの改善に繋げるとともに、使用から廃棄までの環境負荷低減のための商品開発に役立てています。2021年はユニフォーム素材、バイオマスモビロン、低温熱融着モビロンなどのLCA分析を実施しました。「環境・エネルギーカンパニー」グループの一員として、原料や生産工程においてもサステナビリティを重視した地球環境にやさしい「モノづくり」のために、今後も海外子会社の商品も含め、LCA分析を進めていきます。

LCA分析例
システム図(高通気レギュラー生地)
LCA分析例
LCA解析結果(高通気レギュラー生地)