化学物質管理

日清紡グループのSDGsへの貢献

日清紡グループは、化学物質管理の活動を通じ、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献します。
当社グループの環境目標である、売上当たりのPRTR対象物質※1 排出量削減を達成するために、KPI※2 を管理し、計画的に対策を講じています。

※1 PRTR(Pollutant Release and Transfer Register)対象物質:「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」に基づく制度の対象物質で、排出量・移動量の届出を義務付けられている物質

※2 KPI:Key Performance Indicator 業績管理指標・業績評価指標

コアとなるSDGsゴールおよびターゲットと日清紡グループの活動

日清紡グループは、SDGs 6.3および12.4をコアとなるゴールおよびターゲットと考え、化学物質管理の活動を推進しています。

  • ①ISO14001の活動を通じ、各国の法律や規則に則り、有害物質に対し適正に管理・漏洩防止処置を実施
  • ②生産拠点での、PRTR対象物質使用量削減と、PRTR対象物質排出量および移動量の削減
  • ③精密機器事業における、洗浄工程で使用する洗浄剤のPRTR非該当製品への変更
  • 6. 安全な水とトイレを世界中に

    すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する。

  • ターゲット:6.3

    2030年までに、汚染の減少、投棄の廃絶と有害な化学物質の放出の最小化、未処理の排水の割合半減及び再生利用と安全な再利用の世界的規模で大幅に増加させることにより、水質を改善する。

  • 12. つくる責任 つかう責任

    持続可能な消費と生産のパターンを確保する。

  • ターゲット:12.4

    2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。

化学物質の取扱量

日清紡グループのPRTR対象物質取扱量実績は、2,802 tと前年度PRTR対象物質取扱量比10%増加となりました。新型コロナウイルス感染症の影響からの回復需要で増加となりました。

PRTR対象物質取扱量のうち主要な物質は、ブレーキ原料のアンチモン(796 t)とクロム(375 t)、ウレタンの主原料であるメチレンビス(4,1-フェニレン)=ジイソシアネート(627 t)およびメチレンビス(4,1-シクロヘキシレン)=ジイソシアネート(434 t)です。

事業別では、ブレーキ事業がグループ全体の52%を占めています。

PRTR対象物質取扱量の推移

PRTR対象物質取扱量の推移

(t)

  2017 2018
(調整後)
2019 2020 2021
PRTR対象物質取扱量 3,433 3,088 2,817 2,555 2,802

※ 当社は2018年に、決算日を3月31日から12月31日に変更しました。これに伴い経過期間となる連結会計年度は、変則的な決算となっています。このため2018年度は、当連結会計年度と同一期間の12カ月間となるように組み替えた調整後参考値を記載しています。

事業別PRTR対象物質取扱量

事業別PRTR対象物質取扱量

(t)

  2021
無線・通信 138
マイクロデバイス 55
ブレーキ 1,450
精密機器 7
化学品 756
繊維 396
その他 0
PRTR対象物質取扱量 2,802

化学物質の排出量

日清紡グループのPRTR対象物質の環境への排出量実績は、17.7 tと前年度PRTR対象物質の環境への排出量比26%減少しました。売上当たり排出量は、0.035kg/百万円となり、前年度売上当たりPRTR対象物質の環境への排出量比34%減少となりました。九州南部化成(株)で使用していた洗浄用溶剤をPRTR法非該当製品に代替したことによります。

PRTR対象物質排出量と売上当たりPRTR対象物質排出量の推移

PRTR対象物質排出量と売上当たりPRTR対象物質排出量の推移

(t)

  2017 2018
(調整後)
2019 2020 2021
PRTR対象物質排出量 40.2 33.4 32.7 23.9 17.7
(kg/百万円)
売上当たりPRTR対象物質排出量 0.079 0.065 0.064 0.052 0.035

※ 当社は2018年に、決算日を3月31日から12月31日に変更しました。これに伴い経過期間となる連結会計年度は、変則的な決算となっています。このため2018年度は、当連結会計年度と同一期間の12カ月間となるように組み替えた調整後参考値を記載しています。

化学物質別の排出内訳

物質名 排出量(t) 比率
トルエン 6.3 35.7%
キシレン  4.9 27.5%
アンチモン  1.3 7.5%
ヘキサメチレンテトラミン  1.3 7.3%
エチルベンゼン  1.3 7.1%
フェノール  1.2 6.8%
その他  1.4 8.1%

物質別の排出量では、トルエンが最も多く36%を占めています。

事業別内訳では、トルエン、キシレンを排出している無線・通信事業の比率が36%となりました。

事業別PRTR対象物質排出量

事業別PRTR対象物質排出量

(t)

  2017 2018
(調整後)
2019 2020 2021
エレクトロニクス 9.3 8.9 -- -- --
無線・通信 -- -- 10.3 10.7 6.3
マイクロデバイス -- -- 0.1 0.1 0.1
ブレーキ 6.4 5.6 5.7 4.7 4.6
精密機器 23.4 18.0 15.5 7.9 6.1
化学品 0.3 0.2 0.2 0.1 0.1
繊維 0.8 0.7 0.9 0.5 0.5
その他 0 0 0 0 0
PRTR対象物質排出量 40.2 33.4 32.7 23.9 17.7

※1 当社は2018年に、決算日を3月31日から12月31日に変更しました。これに伴い経過期間となる連結会計年度は、変則的な決算となっています。このため2018年度は、当連結会計年度と同一期間の12カ月間となるように組み替えた調整後参考値を記載しています。

※2 2019年度よりエレクトロニクス事業を無線・通信事業とマイクロデバイス事業に分離しました。

排水の浄化

日清紡グループの売上当たりのSS(水中の浮遊物質)排出量は、0.18kg/百万円と前年度売上当たりのSS排出量比 1%減少しました。

売上当たりのCOD 排出量は、0.23kg/百万円と前年度売上当たりのCOD排出量比 17%減少となりました。主要因は、排⽔量が22%減少したことによります。

※ COD(Chemical Oxygen Demand):水質の汚濁状況を示す指標で、化学的酸素要求量または化学的酸素消費量

売上当たり排水への排出量推移

売上当たり大気への排出量推移

(kg/百万円)

  2017 2018
(調整後)
2019 2020 2021
売上当たりSS排出量 0.16 0.15 0.14 0.18 0.18
売上当たりCOD排出量 0.28 0.30 0.30 0.27 0.23

※ 当社は2018年に、決算日を3月31日から12月31日に変更しました。これに伴い経過期間となる連結会計年度は、変則的な決算となっています。このため2018年度は、当連結会計年度と同一期間の12カ月間となるように組み替えた調整後参考値を記載しています。

大気への排出

日清紡グループの売上当たりのSOx(硫黄酸化物)排出量は、0.48kg/百万円(前年度売上当たりのSOx排出量比18%減少)でした。売上当たりのNOx(窒素酸化物)排出量は、0.56kg/百万円(前年度売上当たりのNOx排出量比 17%減少)、売上当たりのVOC 排出量は、0.26kg/百万円(前年度売上当たりのVOC排出量比 5%増加)、売上当たりのばいじん排出量は、0.11kg/百万円(前年度売上当たりのばいじん排出量比 20%減少)でした。

※ VOC(Volatile Organic Compounds):トルエンなどの揮発性有機化合物

売上当たり大気への排出量推移

大気への排出

(kg/百万円)

  2017 2018
(調整後)
2019 2020 2021
売上当たりSOx排出量 0.54 0.51 0.51 0.58 0.48
売上当たりNOx排出量 0.58 0.60 0.58 0.68 0.56
売上当たりVOC排出量 0.17 0.12 0.12 0.25 0.26
売上当たりばいじん排出量 0.13 0.13 0.13 0.14 0.11

※ 当社は2018年に、決算日を3月31日から12月31日に変更しました。これに伴い経過期間となる連結会計年度は、変則的な決算となっています。このため2018年度は、当連結会計年度と同一期間の12カ月間となるように組み替えた調整後参考値を記載しています。

日清紡グループの活動事例

有害化学物質流出時の緊急対応訓練

Nisshinbo Micro Devices (Thailand) Co., Ltd.は、毎年2月から3月にかけて危険化学物質流出時の緊急対応訓練を実施しています。危険な化学物質が流出した場合は会社として迅速な対応を取る必要があるため、それに備えた以下の様な緊急対応訓練を実施しています。

1. 講義形態による化学物資知識の習得(性質、保管方法、保管設備、環境および人への影響)
2. シミュレーションによる実技訓練

2021年度は、DIプラント2号機から薬品臭が漏れてきたことを想定し、実技訓練を行いました。

まず、薬品臭に気付いた社員は現場で薬品(塩酸)の漏洩があるか確認します。薬品貯蔵タンクから漏洩したと判断した現場確認者は、薬品対応チームに連絡する手順を取ります。そして薬品担当チームは漏洩を処置し、安全・環境担当者に連絡します。

このような具体的な場面を想定して訓練を行うことで、有害化学物質流出の緊急対応に備えています。

化学物質についての講義
化学物質についての講義
薬品漏洩処置訓練
薬品漏洩処置訓練

PRTR対象物質使用量の削減

九州南部化成(株)では、PRTR物質であるトルエン・キシレン・エチルベンゼンの排出量を削減する活動を継続しています。

以前は、トルエン・キシレン・エチルベンゼンを56%含有している洗浄用溶剤シンナーを使用して塗装後の治具洗浄・塗装配管内洗浄を行っていました。PRTR物質排出量を大幅に削減するため、PRTR物質が含まれない洗浄剤を調査し10種類の洗浄剤の中から、必要な洗浄能力がある洗浄剤を選定し、1年間モニタリングを行い、品質・洗浄能力にも問題ないことを確認しました。2019年7月より治具洗浄用溶剤の変更を行い、2020年10月には塗装用設備配管の溶剤を変更しました。2021年度のPRTR物質の総排出量は334㎏に減少し、2020年度比84%の削減を達成しました。

PRTR排出量推移
PRTR排出量推移

交代勤務者対応能力向上

日清紡ケミカル(株) 徳島事業所では、様々な化学薬品を使用して24時間体制で製品を製造しています。夜間および休日は人員が大幅に減少した状態での操業となります。この状態でも火災や化学薬品漏洩などの緊急事態発生時に適切に対応できるよう、交代勤務者のみでの対応を想定した緊急事態対応訓練を実施しています。

2021年度は8月に交代勤務別ごとに計4班の訓練を以下の内容で実施しました。
①屋内での化学薬品の漏洩拡大防止及び上席者への報告。
②火災発生時の初期消火、泡消火設備操作、事業所内および消防署への通報。

また、立会者2名が緊急事態時の行動が適切に実行されているかのチェックを行い、立会者による考察および行動ポイントの指導を行いました。

今後も定期的に訓練を計画し、少人数での具体的訓練により、緊急時の適切な対応力向上を目指し取り組んでいきます。

薬品漏洩拡大防止訓練
薬品漏洩拡大防止訓練
泡消火設備操作訓練
泡消火設備操作訓練

巨大地震発生を想定した防災訓練

日清紡テキスタイル(株) 徳島事業所は吉野川水系の支流である今切川沿岸に位置し、11箇所の危険物施設を保有しています。防災のため、毎年訓練を実施しています。

2021年度は、震度6の地震発生による津波襲来を想定とした避難訓練のほか、危険物漏洩や火災などを想定した訓練を実施し、79名が参加しました。危険物の漏洩訓練では防液堤(万一、設備・装置から液体の薬品などが漏れ出した際に、その他の箇所に漏れ出てしまうことを防止する為のフェンスの役割をする堤)の亀裂発生やドラム缶の転倒を想定し、土のうを積み上げ、吸着シートや柄杓を使って汲み取る拡大防止対応を行いました。消防訓練では、消火器や消火栓を使った放水や泡消火設備スプリンクラーを稼動させる動作確認の訓練を行いました。また、事業所外へ流出しないようにするため、今切川につながるゲートを閉じて、油水分離槽や雨水溝に油などが混入していないことを目視確認しました。

このような訓練を定期的に行うことで、災害発生時の各自の役割や行動手順を再確認することができるほか、機材やマニュアルの不具合を見つけて改善することにより安全性向上に努めていきます。