コミュニティへの参画、コミュニティの発展

基本姿勢

日清紡グループは、コミュニティとのかかわりを大切にしています。環境・エネルギーカンパニーとして、事業を展開している地域に貢献するために積極的にコミュニティに参画し、発展に寄与する活動を行っていきます。

日清紡グループのSDGsへの取り組み

日清紡グループの目指す方向はSDGs(持続可能な開発目標)と重なっており、事業を通じてSDGsの達成に貢献していきます。
当社グループは、すべてのSDGsを意識しながら具体的に貢献するゴールを考慮しています。コミュニティへの参画、コミュニティの発展は、ゴール17がコアであると考えています。

事業としてかかわりが深いSDGsゴール

  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

    持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

日清紡グループのSDGsへの貢献

日清紡グループは、社会貢献活動の展開を通じ、SDGsの達成に貢献します。 当社グループ中期CSR目標である、「地域貢献活動への参画」を達成するために、積極的に活動します。

コアとなるSDGsゴールおよびターゲットと日清紡グループの活動

日清紡グループは、SDGs 17.17をコアとなるゴールおよびターゲットと考え、社会貢献活動の展開を推進しています。地域の一員として、グループ各社がさまざまな活動に参加しています。

  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

    持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

  • ターゲット:17.17

    さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推進する。

日清紡グループの地域交流・貢献活動事例

国連世界食糧計画(WFP)への寄付

ニッシントーア・岩尾(株)では、人道支援機関である、国連世界食糧計画(World Food Programme 以下WFP)に2006年から継続的に寄付をしています。WFPは、2020年ノーベル平和賞を受賞しました。

同社は、「世界の飢餓と闘う」というWFPの趣旨に賛同し、WFPの評議員の1社となり、会社からの寄付のほか、従業員からも募金を集め寄付を行っています。また、WFPウォーク・ザ・ワールド(途上国の子どもたちのためのチャリティーウォーク、2020年は開催延期)への参加など、活動の支援を継続しています。

公益財団法人国際開発救援財団の支援

ニッシントーア・岩尾(株)は、公益財団法人国際開発救援財団(Foundation for International Development/Relief 以下FIDR)の活動を支援しています。

FIDRは1990年設立の国際協力NGOで、子どもの未来を育む「チャイルド・ケア」と「日本企業と日本人による国際協力推進」をミッションに掲げ、開発途上国の自立発展を目的とした国際協力事業と国内外の緊急援助事業を実施しています。現在、カンボジア、ベトナム、ネパールなどアジアの国々で医療・保健衛生・教育・農業・収入向上などのプロジェクトを実施するほか、東日本大震災など自然災害による被災者に対し緊急援助や復興支援を行っています。

同社はFIDRの活動に賛同し、設立当初からその活動を応援しています。

子ども食堂の支援活動

ニッシントーア・岩尾(株) 食品事業本部は食品総合卸売業として、小麦粉、油脂、水産加工品、食肉、輸入食材、加工食品など幅広い分野の食品を取り扱っています。

近年、貧困による栄養バランスの悪化や孤食による家族・地域とのつながりの希薄化など、子どもたちの健やかな成長をさまたげるさまざまな問題が深刻化する中で、「子ども食堂」の活動が全国各地で広がっています。

同社は、小学生以下の子どもたちに無料で食事を提供するという、(株)ヤマショウフーズさまが運営する子ども食堂Calorie & Oily(埼玉県魚市場内)の活動に賛同し、2019年より食材を無償で提供する活動を継続してきました。

このたび、この活動に対し子ども食堂Calorie & Oilyより感謝状が贈られました。これからも食を通じた社会貢献活動を目指していきます。

食堂Calorie & Oily感謝状
子ども食堂Calorie & Oily感謝状

社会貢献活動

ジェイ・アール・シー特機(株)では、地域貢献の取り組みとして、本社周辺3コースの清掃活動を実施しています。2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、1月から4月まで4カ月のみの活動でしたが、延べ78名が参加し歩道のゴミを拾いました。

また同社は、2005年より緑化推進用自動販売機を社内に設置し、その売上金額の1%を「緑の募金」運動へ寄付する取り組みを行っています。「緑の募金」は、自動販売機の契約先であるダイドードリンコ(株)を通じ、県内の緑を守り育てるため、学校や地域の緑化、また相模川や酒匂川など主要な河川の水源であり約900万人もの神奈川県民を支える水がめである丹沢の森林再生などに広く活用されています。
これまでの累計募金金額(2005年8月~2021年3月)は、514,869円となりました。

地元自治体への寄付

インドネシアのPT. Standard Indonesia Industry (SII) は、2020年5月に地元スカレスミ村への食品パッケージ寄付活動に参加しました。

所属する工業団地PT. East Jakarta Industrial Parkが同工業団地内で寄付を募り、食品パッケージ約700箱を準備しました。パッケージの総量は約3.5tに達し、インスタントラーメン292箱、食用油651本、グラニュー糖414kg、小麦粉100kgなどが含まれていました。寄付の引き渡しは、スカレスミ村役場で行われ、村役場役人、地元のリーダー、工業団地各社代表者が出席しました。

今回は新型コロナウイルス感染拡大という背景がありますが、これに限らず日本人学校や地元団体などに継続的に寄付する活動を続けています。

食品パッケージ寄付活動に参加した皆さん
食品パッケージ寄付活動に参加した皆さん

近隣小学校での職業講演会

日清紡ケミカル(株) 旭事業所では、近隣小学校から6年生を対象としたキャリア教育として「職業講演会」の依頼を受けました。

各職場を代表する6名の講師を派遣して、日清紡グループの紹介、旭事業所の概況、事業内容を説明した後、それぞれの講師がこれまでの仕事を通して感じた喜びや達成感、苦労話、またこの仕事を選んだ理由などをお話しました。生徒の皆さんは真剣に耳を傾けた後、「学生時代の将来の夢は?」「仕事をする上で心がけていることは何ですか?」など、多岐にわたって質問をしていました。普段の授業とは違う、将来のキャリアを考える良い機会になったと思います。

後日、参加された生徒の皆さんから「目標を持つことや何事にも興味を持つことの大切さを学んだ」「あいさつの大切さに気づくことができた」など、たくさんの感想をいただきました。

職業講演会の様子
職業講演会の様子

地域住民への社会貢献

インドネシアは日本に比べまだまだ上下水道の整備が遅れています。PT. Nisshinbo Indonesia (NID) では、以前より近隣住民に対して暮らしに必要である生活用水の供給を続けています。月当たり約10,800m3、年間にすると25mプールで約200杯分の生活用水を無償提供しています。

また、イスラム教徒が9割を占めるインドネシアにおいてイスラム教の宗教行事である「犠牲祭」が毎年行われています。2020年はコロナウイルス感染拡大の懸念がある中ではありましたが、「犠牲祭」は行われ、同社は神に捧げるためのヤギを17頭寄付しました。こうした活動を通して近隣住民との良好な関係を築きながら、社会貢献を行っています。