CSR調達基本方針

日清紡グループのSDGsへの貢献

日清紡グループは、CSR調達基本方針を内外に示すことで、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献します。
当社グループ中期CSR目標である、「調達先と連携したCSR調達の改善実施」を達成するために、KPI を管理し、計画的に対策を講じています。

※ KPI:Key Performance Indicator 業績管理指標・業績評価指標

コアとなるSDGsゴールおよびターゲットと日清紡グループの活動

日清紡グループは、SDGs 16.5をコアとなるゴールおよびターゲットと考え、CSR調達推進の活動を推進しています。サプライヤーさまに当社の方針を明確にお伝えし、CSR調達の取り組みをサプライチェーン全体で推進していきます。

  • 16. 平和と公正をすべての人に

    持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する。

  • ターゲット:16.5

    あらゆる形態の汚職や贈賄を大幅に減少させる。

日清紡グループは、法令順守、公正取引、情報セキュリティ、環境保全、人権、安全衛生、品質・安全、などの視点から、以下の7項目からなる「日清紡グループCSR調達基本方針」を制定しました。

  1. 法令・社会規範を順守していること
  2. 健全且つ公正な取引を行っていること
  3. 情報の管理を適切に行っていること
  4. 環境保全に配慮していること
  5. 基本的人権を尊重していること
  6. 安全衛生活動に取り組んでいること
  7. 製品・サービスの品質や安全性の確保に努めていること

これらをサプライヤーさまにお願いすることにより、CSRの取り組みをサプライチェーン全体で推進します。

日清紡グループの活動事例

CSR調達

日本無線(株)では、環境に配慮した調達を行うための「グリーン購買ガイドライン」を1998年9月に制定しました。その後、名称を「グリーン調達ガイドライン」 に変更し、2020年2月に第9版を制定し発行しました。

第8版からの変更点は、化学物質名の表記方法の統一および最新のREACH規制、IEC62474物質リストに対応した点などです。

グリーン調達ガイドライン
グリーン調達ガイドライン

サプライチェーンにおける環境影響低減活動

ジェイ・アール・シー特機(株)では、日清紡グループとして制定した「日清紡グループCSR調達基本方針」第4項の「環境保全に配慮していること」に対応するため、環境影響の低減を目標とし、サプライヤーの皆さまへ以下6項目の掲示と周知を実施しています。

  • 1. 繰り返し再使用可能(通箱など)の構造とする
  • 2. 再生材料を使用するとともに資源量を最小限にする
  • 3. 法律による規制や、発注会社が規制する化学物質を構成材料として含有せず添付材料としても使用しない
  • 4. 要求部門と協議した上で梱包材を持帰り再使用に努める
  • 5. 輸送時には環境影響が小さくなるよう配慮する
  • 6. 納品時にはアイドリングストップを実施する

現在同社のサプライヤーは約450社あり、そのうち主要な約30社において、概ね100%実施していただいています。その他各種VA提案 も募り、サプライチェーンにおける環境影響の低減を図り、これからも環境保全に配慮します。

※VA提案:量産段階にある製品に対しての改善提案

受付の掲示
受付の掲示

サプライチェーンCSR推進ガイドラインの改訂

新日本無線(株)とグループ会社では、2019年3月に「日清紡HDマイクロデバイス事業グループサプライチェーンCSR推進ガイドライン」(JEITAサプライチェーンCSR推進ガイドブック準拠 以下、ガイドライン)を制定すると共に、ガイドラインに基づいたCSRチェックシートを作成し、サプライヤーにアンケート形式で順守状況を確認しています。

2020年3月31日にJEITA の示すガイドラインが改訂されたことから、同社ガイドラインも5月に改訂して、同社およびグループ会社取引先調査のCSRチェックシートを更新しました。 新型コロナウイルス感染症に対する企業の対応や影響などの項目が追加されました。 今後もサプライヤーの皆さまとの協力体制を維持し、社会的責任を果たすために、CSR調達活動を積極的に行っていきます。

※ JEITA: 一般社団法人電子情報技術産業協会の略称。エレクトロニクスや電子機器に関係する日本の業界団体。

CSR調達方針の展開およびアンケートの実施

日清紡ブレーキ(株)は、2020年10月、全てのサプライヤーに対してCSR調達方針を展開するとともに、自主アンケートを実施しました。

これは2年毎に展開しているもので、日清紡ホールディングス(株)および同社のCSR調達方針を伝え、各サプライヤーの現状を把握するためにアンケートに回答いただいています。アンケートの内容は日清紡グループCSR調達基本方針を基にした7項目(法令・社会規範順守、公正取引、情報セキュリティ、環境保全、人権・労働、安全衛生、製品品質・安全)およびグリーン調達についての取り組み状況を確認しています。今後サプライヤーに対してアンケート評価をフィードバックすることで、CSR調達に努めていきます。

CSR調達

南部化成(株)では、「CSR調達ガイドライン」に則り、お客さまとの取引を行っています。

同社吉田事業所は毎月、仕入先品質定例会を行い、品質だけではなく、環境負荷の減る納品スタイルなどの検討についても議論しています。具体的には、1箱あたりの梱包入数を増やす、端数納品を無くすことで運送効率を上げる、1WAYの納品箱(トレーなど)を繰り返し利用可能な通い箱に変更するなどについて議論しています。