人権・労働慣行

基本姿勢

企業の恒久的な繁栄の鍵となるのが社員一人ひとりの力です。社員の人格を尊重し、適材適所の人財配置により、社員にとってより働きやすい職場を目指しています。

そのために、人権・雇用などあらゆる面で多様性を尊重し、ワークライフバランスの推進に取り組んでいます。また、労働災害の撲滅を目標に掲げて安全衛生活動に取り組んでいます。

人権の尊重

一人ひとりの人格・個性を尊重し、あらゆる差別・人権侵害を行いません。

安全が全ての基本

事業活動の全てにおいて安全を最優先にし、クオリティの高い製品を送り出します。

(行動指針 より)