ニュースリリース

2011年1月6日

繊維事業 海外投資を加速

~真のグローバル競争力を備えたテキスタイルメーカーに~

 日清紡ホールディングス株式会社は、昨年末に繊維事業の重要拠点のひとつであるインドネシアの子会社PT.ニカワテキスタイルインダストリーへの出資比率を63.3%から70%へ引き上げましたのでお知らせいたします。
 また、日清紡テキスタイル株式会社が中核となってインドネシア、中国、インド、ブラジルで投資を進め、真のグローバル競争力を備えたテキスタイルメーカーとして変貌しつつあります。設備投資等の進捗具合は次のとおりとなります。

インドネシアでの生産拡大

  • (1)昨年末、PT.ニカワテキスタイルインダストリーの共同出資者が保有する同社の株式を当社が買取り、出資比率を70%に引き上げました。議決権株式数の3分の2以上を保有することで、さらに経営の独自性とスピードを高めてまいります。
    現在、同社では新たな織布工場を建設中です(本年4月完成予定)。これにより同社の織布生産量は40%増の年産3,900万ヤードになります。さらに今後の設備拡大をにらみ、昨年末に工場隣接地を購入し、敷地を約25%拡大しました。
  • (2)PT.日清紡インドネシア(旧 PT.ギステックス日清紡インドネシア)では、昨春にシャツ地用の形態安定加工設備を導入したことで、同社全体の加工能力は月産150万ヤードから190万ヤードに増大しました。この投資に合わせ、出資比率も当初の60%から89%に引き上げました。
    さらに本年末完成を目標に厚地染色加工ラインの導入を計画しており、これにより加工能力を月産250万ヤードにまで高める予定です。
  • (3)PT.ナイガイシャツインドネシアでは、本年6月の生産開始を目標に縫製工場を建設中です。新工場には一般的な形態安定シャツの縫製ラインのほかに、次世代ノーアイロンシャツ「アポロコット」専用の縫製ラインを設置します。
    新工場では年間160万枚のシャツを生産する計画です。そのうち84万枚は「アポロコット」になり、これにより当社グループ全体の「アポロコット」の生産量は倍増の168万枚となります。現在、日本国内では「アポロコット」の販売が好調で生産が追いつかない状態のため、新工場の建設を急いで進めております。
  • (4)昨年7月にインドネシアのデニムメーカー・マラカサリ社とデニム糸のロープ染色の合弁会社「マラカサリ日清紡デニムインダストリー」(日清紡テキスタイル49%出資)を設立しました。本年4月の生産開始を目指して工場建設中です。年間で600万ヤード(ジーンズ換算で500万本分)を生産する予定です。

中国拠点の新設

 昨年7月にシャツ地の先染仕上加工会社として日清紡テキスタイル100%出資の「日清紡績(常州)有限公司」を設立(資本金13.5百万RMB)しました。年間で600万mの生産を目指します。同社で加工する原反は現地の協力メーカー・常州市武進馬杭色織布有限公司で生産し、仕上加工後の生地は子会社・上海蝶矢時装有限公司で縫製するほか、日清紡績(上海)有限公司から各アパレルメーカーへ販売していきます。本年7月から中国における新たな先染シャツの生産体制がスタートします。

インドでのシャツ生産

 インドの繊維メーカーで最大手のバルドマン社と合弁でシャツ縫製会社「バルドマン日清紡ガーメンツカンパニー」(日清紡テキスタイル49%出資)を設立しました。本年1月から生産を開始し、シャツの年間生産量180万枚を計画しています。インドでは形態安定シャツ「SSP」の認知度も高く、日本、中国に続くマーケットとして販売面でもより一層注力してまいります。

ブラジルの増強

 1972年に設立した子会社「有限会社ブラジル日清紡」では、ブラジル市場の成長に対応し、紡績設備で1万錘の設備投資を行います(2013年完了予定)。同社製品は高品質品としてブラジル国内で高い評価を得ていますが、さらに細番手等の高付加価値糸の需要にも応えてまいります。

以上

昨春に日清紡インドネシアに導入した形態安定加工設備

昨春に日清紡インドネシアに導入した形態安定加工設備

本件に関するお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いいたします。