一般事業主行動計画

次世代育成支援

次世代育成支援対策推進法※1に基づき、日清紡グループ※2では従業員が能力を発揮し、仕事と生活の調和を図りながら働き続けることができる環境整備を行うため、次の「一般事業主行動計画」を策定しております。

計画期間

2015年4月1日から2018年3月31日までの3年間

内容

目標1 子ども看護休暇をより利用しやすいものにする
対策
  • 2015年4月~6月: 子ども1人の場合無給1日分、および2人以上の場合無給2日分を有給に変更することについて、労働組合と協議
  • 2015年度: 制度の導入、イントラネット等による社員への周知
目標2 積立有給休暇制度をより利用しやすいものにする
対策
  • 2015年度: 積立有給休暇制度の適用範囲を育児に拡大することについて、労働組合と協議
  • 2016年度: 制度の導入、イントラネット等による社員への周知
  • ※1 次世代育成支援対策推進法とは、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行うため、2005年4月1日に施行された法律です。
  • ※2 本件の対象グループ会社は以下の会社を指します。
    日清紡ホールディングス(株)、日清紡ブレーキ(株)、日清紡メカトロニクス(株)、日清紡ケミカル(株)、日清紡テキスタイル(株)、日清紡ペーパー プロダクツ(株)

女性活躍推進

女性活躍推進法※3に基づき、日清紡ホールディングス(株)は、女性をはじめとする多様な人財がいきいきと働き、その能力を最大限に発揮し活躍できるよう、次の一般事業主行動計画を策定しております。

計画期間

2016年4月1日~2020年3月31日

当社の課題

  1. (1) 管理職に占める女性の割合が少ない。
  2. (2) 総合職に占める女性の割合が少ない。

目標

  1. (1) 女性管理職数を現在の2倍にする。
  2. (2) 女性新卒総合職の採用比率を事務系4割以上とする。

取組内容と実施時期

  1. (1) 管理職を含めた従業員の意識改革を推進する。
    1. ① 2016年4月~ 管理職全員を対象に意識改革を目的とした研修を定期的に実施する。
    2. ② 2016年4月~ 女性社員を対象に意識改革を目的とした研修を定期的に実施する。
  2. (2) 多様性に対応した人事制度への改定を実施する。
    1. ① 2016年4月~ 女性をはじめ従業員全員がいきいきと働き、その能力を最大限発揮できるよう、人事制度の改定を行う。
  • ※3 女性活躍推進法とは、女性が、職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するため、2016年4月1日に施行された法律です。