マテリアリティとCSR目標

マテリアリティの特定/第3期中期CSR目標

日清紡グループは、企業価値の向上に努めるとともに、さまざまなステークホルダーから信頼されることを目指しています。2015年2月、CSRに関する国際的なガイドラインなどを参照し、ステークホルダーにとっての重要性を加味しながら当社グループの重要課題(マテリアリティ)を特定しました。

2016年度以降はマテリアリティを日常業務に落とし込み、事業活動とCSR活動の一体化を図っていくためにKPIを策定・展開していきます。

日清紡グループのマテリアリティ

  • グローバル・コンプライアンス
  • 環境・エネルギー分野の貢献
  • 安心・安全な社会づくり

マテリアリティの特定プロセス

1. 検討対象の社会課題の抽出

ISO26000、GRIガイドライン第4版、国連グローバル・コンパクト10原則などの社会的規範やCSR評価機関の調査項目などを参考に社会課題を整理しました。さらに当社グループの事業との関連性を評価し、検討対象の社会課題として22項目を抽出しました。

2. 社会課題の優先順位づけ

グループCSR会議での審議のなかで、抽出した社会課題を「ステークホルダーにとっての重要性」と「日清紡グループにとっての重要性」の2つの観点から優先順位づけを行ない、試案を取りまとめました。

3. 経営戦略会議での審議、承認

日清紡ホールディングスの社長が議長をつとめ、全執行役員により構成する経営戦略会議でマテリアリティについて審議し、社会課題の大きさと当社グループ事業との関連性から上記3項目をマテリアリティとして特定しました。

第3期中期計画重点活動項目

日清紡グループでは2008年度より中期CSR目標を策定しCSR活動を展開してきました。

2016年度からの第3期中期CSR目標における重点活動項目は、社会的責任に関する国際規格ISO26000「7つの中核課題」に沿って下表の通り設定しました。環境分野を除く重点活動項目ごとの具体的な内容については、2016年度に策定するKPIを踏まえて設定していきます。環境分野については「第3期中期環境目標」の中で別途KPIを策定して活動を推進しています。

ISO26000中核課題 重点活動項目
組織統治 企業理念の浸透
コンプライアンスの徹底
内部統制の強化
リスク管理の強化
人権・労働慣行 人権の尊重
ダイバーシティの推進
労働安全衛生活動の推進
社員の健康づくり
環境 生物多様性保全活動の強化
ライフサイクルアセスメント(LCA)の推進
「持続可能な社会に貢献する製品」の拡販
売上あたりの使用エネルギー削減
売上あたりの温室効果ガスの排出量削減
売上あたりのPRTR物質排出量削減
リサイクル率の改善
公正な事業慣行 CSR調達の推進
消費者課題 品質・顧客満足度の向上
コミュニティへの参画・発展 社会貢献活動の展開