輸送量

日清紡グループの貨物輸送量は、前年度比10%増加しました。売上あたり輸送量では8%増加となりました。

輸送量と売上あたり輸送量の推移

輸送量と売上あたり輸送量の推移

事業別では、紙製品事業が全体の輸送量の60%を占めていました。なお、2017年度は当事業の譲渡により、輸送量は大幅に減少します。

事業別輸送量の推移

事業別の輸送量の推移

3PLの本格活用

東京シャツ(株)は、物流業務を大手物流業者に一括して受託させる3PLの活用を本格化しました。同社と大手物流業者とのシステム統合により、受入・出荷・在庫の把握が迅速化されました。

あわせて、誤配達の大幅削減(前年度1.9%→0.8%)や配送の効率化によって環境負荷の軽減を実現しました。

※ 3PL(サードパ-ティ-ロジスティクス):荷主以外の企業が、荷主に対して商品の受発注、在庫管理、情報化まで包括的な物流改革を提案し、一括して物流業務を受託する事業