生物多様性

生物多様性民間参画パートナーシップに参加

日清紡ホールディングス(株)は、経済団体、事業者、NGO、自治体などから構成される生物多様性民間参画パートナーシップに参加し、生物多様性の保護活動に取り組んでいます。

第2期中期環境目標では、調査、教育、啓蒙が活動の中心でしたが、2015年度からの第3期中期環境目標では、事業ごとに1件以上の生態系保全先行推進モデル事業を設定し、具体的な生物多様性の保全に取り組んでいます。

生態系保全先行推進モデル事業

会社・事業所 関連する愛知目標
活動内容
保護生物等
日本無線(株)
目標: 水産資源の保全

活動:

東京海洋大学と連携し、東京湾の水産資源の保全活動の基礎データ収集
保護生物等: 漁業者の視点に立ったマアナゴの生息調査
水産資源の保全
データ収集装置装着のマアナゴ漁船
長野日本無線(株)
本社工場
目標: 自然生息地の保全

活動:

事業所近くの森林「長野日本無線の森(長野市松代町、0.4ha)」への植樹・保全
保護生物等: カラマツ林によって育まれる生態系または固有種(保護生物等は未特定)
自然生息地の保全
植樹・保全活動
新日本無線(株)
本社および川越製作所

日本無線硝子(株)
本社工場
目標: 重要な生態系(ホットスポットや干潟等)の保全

活動:

事業所(埼玉県ふじみ野市)近くの新河岸川の水辺環境の保全
保護生物等: 新河岸川周辺の動植物(保護生物等は未特定)
重要な生態系(ホットスポットや干潟等)の保全
水辺環境保全活動
日清紡ブレーキ(株)
館林事業所
目標: 絶滅危惧種の保全

活動:

群馬県邑楽郡邑楽町中野沼西沼の保全活動
保護生物等: キンブナ(環境省:絶滅危惧Ⅱ類)等
絶滅危惧種の保全
絶滅危惧種保全活動
日清紡ブレーキ(株)
豊田事業所
目標: 自然生息地の保全

活動:

西広瀬・丸根山ビオトープの整備と維持管理
保護生物等: ムササビ・オオムラサキ・キキョウ等の保護種に関する生態系保全
自然生息地の保全
丸根山ビオトープ
日清紡メカトロニクス(株)
美合工機事業所
目標: 重要な生態系(ホットスポットや干潟等)の保全

活動:

敷地内の増田公園にトンボ類の生息環境創出
保護生物等: トンボ(アジアイトトンボ、ギンヤンマ等の飛来・繁殖を期待)
重要な生態系(ホットスポットや干潟等)の保全
新設したトンボ池
日清紡ホールディングス(株)
中央研究所
日清紡ケミカル(株)
土気事業所
目標: 絶滅危惧種の保全

活動:

周辺山林(千葉市緑区大野台)に自生している貴重な植物の調査・保護・増殖
保護生物等: キンラン(環境省:絶滅危惧Ⅱ類、ラン科キンラン属の多年草)
絶滅危惧種の保全
キンラン
日清紡テキスタイル(株)
藤枝事業所
目標: 絶滅危惧種の保全

活動:

事業所内の池の水質保全
保護生物等: ミナミメダカ (環境省:絶滅危惧Ⅱ類)
絶滅危惧種の保全
ミナミメダカ保護池
日清紡テキスタイル(株)他3社
徳島事業所
目標: 絶滅危惧種の保全

活動:

徳島県から譲渡される魚の稚魚を防火水槽で増殖し、数年後には河川放流
保護生物等: カワバタモロコ(徳島県:絶滅危惧ⅠA 類、 環境省:絶滅危惧ⅠB類 )
絶滅危惧種の保全
カワバタモロコ

※ 愛知目標:2010年に愛知県で開催された生物多様性条約締約国会議で決定された2020年までの目標

全国植樹祭県民植樹への参加

上田日本無線(株)は、2016年6月の全国植樹祭にあわせて行われた県民植樹に、社員および家族18名が参加しました。上田会場(下之郷自然運動公園)では、みどりの少年団、林業関係者、近隣の一般住民など約1000人が参加し、郷土種のコナラやクヌギなど4500本を植樹しました。

また、昨年より同社が預かり育てていた苗木50本も無事植樹でき、自然や森林をより身近に感じる体験となりました。今後も恒例イベントとして、地域の植樹祭には積極的に参加していく予定です。

参加者
参加者
植樹作業
植樹作業

外来生物「メカルファ」の駆除

韓国のSaeron Automotive Corporation(SAC)は、近隣の山林と農園などに生息している外来生物のメカルファの駆除活動を2016年から行っています。

メカルファは仙女虫という美しい別名に似合わず、旺盛な繁殖力をもち、粘度の高い物質を吐き出して農作物の表面を覆い、農家に大規模な被害を与えています。

同社ではこのような外来生物による被害を最小化するため、7月から8月にかけて計500㎡にわたるエリアを対象に、社員が外部の防疫業者とともに駆除を実施しています。

新工場の植樹活動

TMD Friction do Brasil S.A.は、サンパウロ州サルト市に新工場を建設しました。その記念にTMDと日清紡ブレーキ(株)の幹部などをゲストとして招待し、樹木のサポーターになってもらうイベントを開催しました。樹木の脇には植樹者名を記載したボードを立てました。緑がふえて工場が見違えるようになりました。

記念植樹
記念植樹