ニュースリリース

2011年7月26日

全日本ジュニアテニス選手権'11 特別協賛のお知らせ

 日清紡ホールディングスは、7月31日から開催される財団法人日本テニス協会主催「全日本ジュニアテニス選手権’11」に特別協賛いたします。
 当社では、『次代を担うジュニアの育成』を願い、'05年大会から特別協賛というかたちで応援しています。同協会の強化育成方針に賛同することで、スポーツ振興による社会貢献を果たしていきたいと考えております。

 この全日本ジュニアテニス選手権は、18歳以下の少年少女が年齢別に日本一を競う国内屈指の大会です。1928(昭和3)年に第1回大会が開催されて以来、本大会でプレーすることは、次代の日本テニス界を担うジュニア選手たちの目標となっています。
 地方大会を勝ち抜いてきた選手たちの一生懸命なプレーに、スタンドからの温かい声援をよろしくお願いいたします。
 最終日の12歳以下、14歳以下の決勝戦には、当社グループのイメージキャラクターを務めるタレント・佐倉絵麻さんも応援に駆けつけてくれる予定です。

 日本テニス協会では、毎年、本大会に出場した選手の中から優勝者に限らず将来性のある選手を男女計4名選考し、「NISSHINBO NATIONAL JUNIOR TEAM」のメンバーとして国際テニス連盟公認の南米ジュニアテニスサーキットに派遣しています。約2ヵ月間に亘り世界中のトップジュニア選手が集まるハイレベルな大会を経験させることで選手、若手指導者のレベルアップを図ります。現在、日本を代表する選手となった土居美咲プロ、奈良くるみプロもジュニア時代には当チームのメンバーとして南米遠征を経験しています。昨年の大会で選ばれた4選手(詳細別紙参照)もその後の世界の大舞台で活躍しています。中でも内田海智選手はウィンブルドンジュニアで日本男子初のジュニア四大大会シングルスベスト4、二宮真琴選手も全仏オープンジュニアで女子ダブルスベスト4など素晴らしい成績を残しています。

【全日本ジュニアテニス選手権’11 概要】

○大会名称 ダンロップ 全日本ジュニアテニス選手権 ’11 supported by NISSHINBO
○開催期日 2011年7月31日(日)~8月7日(日)  予備日:8日(月)
○開催会場 大阪市・靱テニスセンター、 吹田市・江坂テニスセンター
○種目・人数

18歳以下男女/16歳以下男女/14歳以下男女 シングルス各64人,ダブルス各32組、
12歳以下男女 シングルス各48人,ダブルス各24組
[決勝戦] 12歳以下,14歳以下:8月7日(日) / 16歳以下,18歳以下:8月6日(土)

昨年の大会の様子

昨年の大会の様子

表彰式でプレゼンターを務める佐倉絵麻さん(中央)

表彰式でプレゼンターを務める佐倉絵麻さん(中央)

本件に関するお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いいたします。