消費者課題

お客さまへの対応

日清紡グループは「未来共創」の理念のもとに、イノベーションにより独創的な新しい価値を創造し続け、豊かな社会づくりに貢献することを目指しています。

お客さまの求める機能と品質を備えた製品・サービスを適時に安定的にお届けするとともに、優れた品質でお客さまに満足と信頼をいただくための製品安全基準を「日清紡グループ行動指針」に定め、お客さま起点の価値創造に取り組んでいます。

日本無線 品質への取り組み

お客さまの満足度向上のために、日本無線(株)ではさまざまな製品について、それぞれの特性に合わせた品質安全、品質改善の活動を続けています。

ソリューション事業部が昨年納入した「宮城県石巻魚市場・高度衛生管理システム」は、水産物の陸揚げから出荷に至る全工程で健康に悪影響をもたらす可能性(危害要因)を取り除くための総合的な衛生管理体制の確立を目指すものです。魚市場建設を担うゼネコンや多くの個別設備メーカーとの作業調整を行いつつ、製品の機能や品質を確実なものとするため品質保証部員が現場に出向き、トータルシステムとしての妥当性検証を行うなどの活動を行いました。

海上機器製品の稼働状態点検
海上機器製品の稼働状態点検

海上機器事業部では、就航より1年から10年を経たお客さまの船を設計部門や品証部門の担当者が直接訪問し、船上で製品の稼働状態を点検する活動をしています。同事業部の製品は海上の過酷な環境でも長年にわたり安定稼働することが求められます。そのため工場内での製品評価だけでなく、お客さまの船に製品を納入し装備する上での注意点の確認や、お客さまの使用状況や環境条件などを把握して、製品が故障してしまう前に消耗部品等の定期交換や機器の換装を提案するなどの予防メンテナンスを行っています。このような活動を通じてお客さまに安全と安心を提供しています。

通信機器事業部では、2014年度に生産部門の大規模な移転を行った後も順調に製品の製造を継続しています。2015年8月には海外自動車メーカーの監査に合格しTier1(一次サプライヤ)として認証されました。さらに、車載製品向けの高度な品質規格であるISO/TS16949(自動車産業向け品質マネジメントシステム)の認証を2017年度中に取得するために、具体的な活動を開始しています。

特機事業部では、品質問題が発生した際には、QMSに組み込まれた品質WEBシステムを通じて関連部門に即時の情報共有を図ると共に迅速な対応で顧客の損害を最小化するように努めています。これらの情報はデータベース化し、継続的改善に利用しています。また、お客さまからの要望を実現し、航空・宇宙領域に事業を拡大するためにJIS Q 9100(航空、宇宙及び防衛分野の品質マネジメントシステム)の認証を2017年度末に取得する計画で検討を進めています。

ブレーキ事業 海外カイゼン活動

Nisshinbo Automotive Manufacturing Inc.(NAMI)は、2015年もさらなる顧客満足向上を目指し、積極的な改善活動を展開しました。その成果は年2回、日本をはじめとする各国拠点からゲストを招いて発表しています。

製品開発や不具合対応については社内機能横断チームを編成し、お客さまと協力して要求事項への対応に努めています。こうした改善活動と協力体制はお客さまより高く評価されています。

改善発表会
改善発表会
トヨタさまから表彰
トヨタさまから表彰

日清紡テキスタイル J∞QUALITY企業認証

日清紡テキスタイル(株)では、お客さまからのニーズが高い「J∞QUALITY 認証商品」に対応するため、2015年11月に藤枝事業所と吉野川事業所において一般社団法人日本ファッション産業協議会の企業認証(安全・安心・コンプライアンス企業認証)を取得しました。

「J∞QUALITY 認証商品」は、モノづくりにおけるクオリティーを限りなく追求し、素材、染色整理加工、縫製すべてが国内の認証企業により行われた純正な国産商品です。そのターゲットは国内市場のみならず海外市場をも見据えています。他社との協業も含めてクオリティーの高いさまざまなMade in Japan商品のモノづくりに参画し、お客さまの多様な価値観・ニーズに応えていきます。

J∞QUALITY企業認証書
J∞QUALITY企業認証書