ライフ&ヘルスケア

日清紡グループは「環境・エネルギーカンパニー」グループとして、グループ各社の技術を応用することで、環境関連製品やメディカル関連製品の開発を進めています。

カルボジライト

カルボジライトはポリカルボジイミドをベースとした、当社グループ開発の高機能性樹脂素材です。水性、油性、粉体の各グレードのほか、カルボジライトを添加した接着剤などを展開しています。カルボジライトには、化学反応性や低毒性といったユニークな特徴があり、塗料・インクや各種樹脂(ポリエステル系樹脂、生分解性プラスチック、ポリウレタンエラストマーほか)に添加剤として配合することで、耐久性や密着性などの諸物性を向上させることができます。自動車業界、重防食業界、建築塗料業界やインク業界では、国内外のVOC(揮発性有機化合物)規制への対応や環境負荷低減という観点から、水性で安全性が高く、乾燥工程の低温化も期待できるカルボジライトの需要が高まっています。また、近年では、欧州を中心に非分解性プラスチックの使用規制が進み、代替品として生分解性プラスチックの需要が膨らんでいます。カルボジライトは、これらプラスチックの生分解性を損なわず耐久性を向上できるため、生分解性プラスチックの適用範囲が広がることから、採用実績が増えており、需要増が期待されています。

カルボジライトを使用した生分解性プラスチックのレジ袋
カルボジライトを使用した生分解性プラスチックのレジ袋

綿100%形態安定シャツAPOLLOCOT

形態安定シャツのパイオニアとしてこれまでに1億枚以上の販売実績を誇る日清紡テキスタイル(株)が、驚異の綿100%ノーアイロンシャツ「アポロコットシャツ」を開発。1日中着用してもシワが寄らず、洗濯後のアイロンがけもまったく不要なアポロコットシャツは究極のエコシャツとしてたいへん高く評価されています。これまでの形態安定生地のイメージを払しょくするアポロコットの技術は、ハンカチやパンツ、ジャケットなどにも応用されています。

アポロコット
アポロコット

水処理担体

工場などでの排水の浄化には一般的に微生物を利用しますが、その力をより効果的に発揮させるのが日清紡ケミカル(株)の水処理用微生物固定化担体APG(AQUAPOROUSGEL)です。APGは排水になじんで素早く沈降する、表面積の大きいユニークなスポンジ担体で、多くの微生物が住みつくことができます。これを導入することで、浄化槽の能力を大きく向上することが可能です。日本の大手浄化槽メーカーにも採用されており、高い評価を得ています。
現在APGは国内のみならず、中国の分散型排水処理施設や工場排水処理施設、フィリピンの公共下水処理場のほか、ベトナム、タイ、台湾などアジア諸国の水の浄化に貢献しています。特に、多くの人口を抱える中国では、大気・水に関する環境問題が深刻化しており、罰則規定の強化が進んでいます。こうした法規制への対応を迫られる汚水処理市場において、水処理担体は需要の急拡大が見込まれています。当社グループは、有力な現地メーカーとの連携を強化し、現地生産・販売網を構築することで、事業拡大を図っています。

水処理担体の仕組み

浄化槽とAPG
水処理担体:APG

スマートテキスタイル

近年では、IoT、AIなどのデジタルツールの活用により、さまざまなもののつながりから膨大なデータを収集・分析することが可能となっています。当社グループでは、スマートテキスタイルを、非接触デバイスでは捉えきれないバイタルデータを収集するデバイスとして位置付け、これを活用した製品で、「見守りサービス」や「職場環境の改善」に貢献します。
現在開発中の騒音職場用ユニフォームは、新日本無線(株)の音声認識支援技術、日本無線(株)の通信技術、日清紡テキスタイル(株)の導電性繊維活用技術を組み合わせて開発され、騒音職場においてもクリアな音声での会話が可能となるユニフォームです。同じく開発構想中の陣痛予兆腹帯は、胎児のバイタルデータ(心音、心拍、脈拍など)を収集、解析し、スマートフォンや医療機関のデバイスなどへ発信します。グループ各社の持つ、各種センサー開発力並びにデータ通信、解析技術と、各種テキスタイル企画・調達力を組み合わせて、実現を目指します。