RECRUITING SITE

RECRUITING SITE  MY PAGE

人と仕事について PEOPLE

先輩社員

日清紡グループを就職先に選んだ理由を教えて下さい。

日清紡グループを就職先に選んだ理由を教えて下さい。

私はインターンシップに参加したことが日清紡を知ったきっかけでした。研修をさせて頂いた職場では、気さくな方が多いと共に、自分の業務に対して熱い思いを語ってくれる方がいたので、その点に魅力に感じました。また、環境・エネルギーカンパニーとして時代に合わせて事業構造を変化させる姿勢に将来性を感じたことも理由のひとつです。

入社前と入社後に感じたギャップは、いつ頃、どんなシーンで、どんなことを感じましたか?

入社前と入社後に感じたギャップは、いつ頃、どんなシーンで、どんなことを感じましたか?

私が大学の研究室で行っていた化学実験との比較になりますが、設備スケールが大きいこと、安全衛生に関する意識が非常に高いことにギャップを感じました。入社後の配属先で最初に教えられた「ケガだけはするな」という内容は特に印象に残っています。

現在の仕事の1日の流れを教えて下さい。

現在の仕事の1日の流れを教えて下さい。

1日のはじめはメールチェック、朝礼、その日行うことの簡単なミーティングですが、開発業務である関係上、決まった流れにならないことが多いです。主な内容としては化学品の製品設計(合成、分析、評価等)や技術営業(顧客への商品説明、売込、及び課題解決等)、知財対応(開発品の特許出願、他社特許調査等)を状況に応じて行っています。

今、仕事で向き合っている課題はどのようなことですか?

今、仕事で向き合っている課題はどのようなことですか?

私の開発担当としての課題は、顧客要求に対して自社製品としての性能はもちろんのこと、コストや法規制等の複数の要求事項を同時に満足する提案を行って、製品の採用を決めて頂くことです。さらには当社と顧客との開発スケジュールに合わせ込む必要があるため、難しい課題だらけです。

その課題を乗り越えるために工夫されていることはどのようなことですか?

その課題を乗り越えるために工夫されていることはどのようなことですか?

社内で得られる情報のみではどうしても限界がある為、社外からの情報を取り入れるようにしています。例えば、特許や論文はもちろんのこと、顧客や原料メーカーの担当者から直接仕入れられる情報も有効であると感じています。自分が欲しい情報をもらうことは難しい場合もありますが、社外の人から仕入れた生の情報は、開発のヒントになったりします。

仕事で達成感ややりがいを感じる瞬間は、いつどのような場面ですか?

仕事で達成感ややりがいを感じる瞬間は、いつどのような場面ですか?

自分が担当する開発品や技術提案が、顧客に受け入れられ、良好な結果が得られた時はやりがいを感じます。上手く行かない事の方が多い開発業務だけに良い結果が得られた時のギャップに魅力があるのだと思います。さらに欲を言えば、褒めてもらえるとやりがいは倍増です。

仕事でこだわっている事(物、場所、手順、姿勢など)があれば教えて下さい。

仕事でこだわっている事(物、場所、手順、姿勢など)があれば教えて下さい。

目的に対して最短のアプローチでたどり着くことを意識しています。合成や評価をしていると自分の興味でやりたいことが色々出てきて拡散してしまいがちになりますが、目的がぶれないよう効率的に進めることを心がけています。ただ、どうしても手かがりがつかめない「要素検討」の時は、手数を打ちながら進めることもあります。

Y.U.-03

職場の上司、同僚、後輩との繋がりで、忘れられないエピソードがあれば教えて下さい。

職場の上司、同僚、後輩との繋がりで、忘れられないエピソードがあれば教えて下さい。

私の働く研究所では先輩、後輩、同僚の繋がりが強く、有志で飲みに行く機会がしばしばあります。特に入社1~2年目の時は、自分の意志でよく飲みに行っていた時期がありました。何を話していたかはよく覚えていませんが、とても楽しかった記憶だけは残っています。

今後のキャリアプランや手がけてみたい仕事を教えて下さい。

今後のキャリアプランや手がけてみたい仕事を教えて下さい。

グローバル化の波は避けられないので、自分もグローバルに働ける人材になりたいと考えています。そのためには、現在の業務に加えて更に幅広い知識や語学力を身に付ける必要があると思っています。

日清紡を一言で言うと、どんな言葉が当てはまりますか?

日清紡を一言で言うと、どんな言葉が当てはまりますか?

「誠実な会社」だと思います。

オフタイムの私。

オフタイムの私。

私は昔からサッカーを続けていることもあって、会社のサッカー部に所属しており写真はその時のものです。冬は趣味のスノーボードに行って活発に動いている時もありますが、家でテレビゲームをしながら過ごすインドア派でもあります。

Y.U.-04