RECRUITING SITE

RECRUITING SITE  MY PAGE

人と仕事について PEOPLE

先輩社員

日清紡グループを就職先に選んだ理由を教えて下さい。

日清紡グループを就職先に選んだ理由を教えて下さい。

私が日清紡に興味を持ったきっかけは、大学時代に行っていた研究と類似の研究を行っていたからです。大学の研究で得られた知見が活かせるのではないかと思い日清紡に興味を持ちました。そして就職活動を通して出会った方々が、非常に良い人が多くこの会社でこの人達と働きたいと思いました。

Y.U.-01

入社前と入社後に感じたギャップは、いつ頃、どんなシーンで、どんなことを感じましたか?

入社前と入社後に感じたギャップは、いつ頃、どんなシーンで、どんなことを感じましたか?

研究所に配属された後から感じたことですが、想像していたよりも上司の方々と意見交換のしやすい環境であるという印象を受けました。また、課長以上の上司の方々ともお話しできる機会が多くあることに、良い意味でギャップを感じました。

現在の仕事の1日の流れを教えて下さい。

現在の仕事の1日の流れを教えて下さい。

朝出社後、ラジオ体操をし全体のミーティングで連絡事項を確認します。ミーティング後メールの確認を行い、それから実験を行います。一日中実験を行う日もありますが、今取り組んでいる業務が新規電池開発の業務なので、文献や学会などを通して情報収集を行う時間も多くあります。測定で得られた結果を基に、チームのメンバーと定期的に相談を行い、研究の方向性を定めています。

今、仕事で向き合っている課題はどのようなことですか?

今、仕事で向き合っている課題はどのようなことですか?

現在携わっている業務は近い将来市場に投入できるような新規電池の開発業務です。新規電池を開発するためには、今まで培ってきた知識・技術だけでは解決できないこと・原因が不明な事象が山ほどあります。その解決できないこと・原因が不明な事象を一つ一つ切り分けて評価を行う方法を試行錯誤しながら研究を進めています。

その課題を乗り越えるために工夫されていることはどのようなことですか?

その課題を乗り越えるために工夫されていることはどのようなことですか?

文献や特許、学会などから情報を集めた上で仮説を立て、得たい情報を明確にしてから研究を行うようにしています。得られた結果が仮説に沿わない際には、さらに仮説を立て研究を繰り返すことでどのような事象が起きているか切り分けるようにしています。私一人では思いつかないアイデアを先輩方は多く持っているので、研究のやり方や方向性はチームの方に相談しながら取り組んでいます。

仕事で達成感ややりがいを感じる瞬間は、いつどのような場面ですか?

仕事で達成感ややりがいを感じる瞬間は、いつどのような場面ですか?

研究開発では思い通りにならない事が多いので、自分で仮説を立て試験を行った際に想定していた結果と一致していた時です。さらに、その結果が積み重なり、研究が一歩進んだと感じた際に非常にやりがいを感じます。

Y.U.-02

仕事でこだわっている事(物、場所、手順、姿勢など)があれば教えて下さい。

仕事でこだわっている事(物、場所、手順、姿勢など)があれば教えて下さい。

スピーディな研究開発を行うために、アウトプットを意識しています。新規電池の研究開発は、将来的な市場に向けた研究のため、アウトプットが不明確なまま開発を進めてしまうと時間が余計にかかります。そこでゴールを明確にすることにより、出来る限り最短距離の研究開発を行えるよう意識しています。

Y.U.-03

職場の上司、同僚、後輩との繋がりで、忘れられないエピソードがあれば教えて下さい。

職場の上司、同僚、後輩との繋がりで、忘れられないエピソードがあれば教えて下さい。

「一年目だからと言ってやってはいけない、と制約をかける必要はないよ。どんどん相談して。」と上司の方に言われた一言が非常に印象的でした。この一言のおかげで、やっていいいか悪いかはまず相談してみようという考え方に変わりました。

今後のキャリアプランや手がけてみたい仕事を教えて下さい。

今後のキャリアプランや手がけてみたい仕事を教えて下さい。

今取り組んでいる電池を実用化出来るようにしたいと思います。そのためには、自身の知見や経験がまだまだ不足しているので、社内だけでなく社外の人とも関わりを持ち経験を積んでいきたいと思います。

日清紡を一言で言うと、どんな言葉が当てはまりますか?

日清紡を一言で言うと、どんな言葉が当てはまりますか?

人を大切にする会社

オフタイムの私。

オフタイムの私。

美味しいものを食べることが好きなので、美味しいものを求めて仕事後に外食したり、休日には旅行に行ったりしています。美味しいものを食べて、オフを満喫することでリフレッシュしています。

Y.U.-04