トップメッセージ

「環境・エネルギーカンパニー」グループとして企業価値の向上に邁進します。

私たちは、社会・市場・ステークホルダーの皆様から一層評価され信頼される「環境・エネルギーカンパニー」グループをめざしています。企業理念の浸透やコーポレートガバナンスの強化など組織文化の質的な向上と、グローバル経営とキャッシュフロー経営をベースにしたROE指標重視の収益力向上や株価重視の経営など数値・業績面の量的な成長を並行して実現していきます。そして「無線・エレクトロニクス」、「オートモーティブ・機器」、「素材・生活関連」、「新エネルギー・スマート社会」を戦略的事業領域として、企業価値をより高め、社会に貢献してまいります。

先般コーポレートガバナンス・ポリシーを制定しました。迅速・果断な意思決定による攻めのガバナンスで成長を加速して株主還元の拡大を目指し、「長期経営戦略目標」として掲げる2025年度売上高1兆円、ROE12%超の実現にむけ邁進いたします。既存事業の拡大、新規事業の創出、M&Aの積極的な実施により、売上高を4,000億円超積み上げる計画です。もちろん売上規模優先ではなく健全性・持続性・利益体質強化を重視し、ファイナンス面や資本効率を踏まえたグループ企業価値の向上を図っていきます。

M&Aは成長戦略の柱として、無線・エレクトロニクスやオートモーティブ関連を中心に今後も機動的に果敢に実行していきますので、数値目標の開示は、従来の3ヵ年の中期計画ではなく、2025年にむけた長期の方向性および戦略シナリオとあわせて、単年度ベースの計画として掲げていきます。

経営のすべての活動の根幹にある企業理念「企業公器」「至誠一貫」「未来共創」、それに基づく「グループ行動指針」をグループ全体に浸透させ、共有していきます。また、グローバル化やM&Aによって益々高まるダイバーシティ(多様性)を成長エネルギーとして、多様性が生み出す創造性や革新性によりイノベーティブな企業風土を加速させていきます。企業理念のもとに団結力やガバナンス力を高めつつ、多様性をダイバーシティプレミアムとして成長戦略に取り込んでいくことこそ、未来志向でたくましく持続的な成長をめざす「未来共創」(イノベーション)の具現化といえます。

そして、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などがもたらすこれからの「超スマート社会」においても、皆様に一層必要とされる「環境・エネルギーカンパニー」グループとなるよう挑戦を続けます。

日清紡グループの今後にご期待ください。

日清紡ホールディングス株式会社
代表取締役社長

河田 正也