新エネルギー・スマート社会

クリーンエネルギーを最大限活用する一方、エネルギーの消費を最小限に抑える社会をつくっていくことは、人類共通の課題となっています。日清紡グループでは、燃料電池セパレータの供給や白金代替触媒の開発などを通じてクリーンエネルギーの発展に貢献しています。

さらに、日清紡グループには無線通信やセンシング、半導体など先進運転支援システム(ADAS)をはじめとするこれからの超スマート社会の実現に大きく貢献する技術が多数あります。グループで一丸となり、新しい技術の開発に取り組んでまいります。

関連事業

エレクトロニクス事業

日本無線(株)では、これまで防災システムのリーディングカンパニーとして、安全で安心できるまちづくりに努めてきました。現在、日清紡グループ内の技術を活用し、「防災」「交通」「船舶」などの分野でスマート社会の実現あるいは省エネルギー化に向けた取り組みを推進しています。

近年、地方自治体では、被災時のエネルギー源確保のために、分散型のクリーンエネルギーを含む新しい防災システムの構築が急がれています。徳島事業所内に設置した独自の実証実験施設も活用しながら、災害に強く、安全で安心なまちづくりに貢献していきます。

スマート技術の実証実験施設「スマートファクトリー」
スマート技術の実証実験施設「スマートファクトリー」(クリックで画像を拡大)
スマートファクトリー外観
スマートファクトリー外観

化学品事業

日清紡ケミカル(株)では燃料電池の主要部品であるセパレータを手掛けており、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)に発売当初から採用されています。また、各自動車メーカー、スタックメーカーと自動車用途での共同開発も進めています。

燃料電池の普及においては、製造コストの削減も大きな課題のひとつです。触媒に使われている白金が高価で有限な資源であることから、日清紡グループでは、白金の代替えとなるカーボンアロイ触媒の開発にも注力しています。

燃料電池セパレータ
燃料電池セパレータ