IRポリシー

IR活動の基本姿勢

当社は「至誠一貫」の基本理念のもと、法令遵守はもとより、投資判断に影響を与える情報に関して、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の適時開示等に関する規則(以下、適時開示規則)」に従って、株主・投資家の皆様に適時開示することに努めます。

情報開示の方法(12時間ルールについて)

2004年2月1日、インサイダー取引規制上の公表措置の充足要件である、証券取引法施行令第30条(12時間ルール)が改正されたのに伴い、適時開示規則に該当する情報が、上場証券取引所の運営するウェブサイトの適時情報開示サービスに掲載された時点でインサイダー取引規制上の公表措置が完了することになりました。

適時開示規則に準じた情報については、東京証券取引所の提供するTD-netにて公開した後に、当ウェブサイトにも速やかに掲載することとしています。なお、TD-netによらず2社以上の報道機関に直接開示した場合には、従来どおりの12時間ルールが適用されますので、12時間以上経過してから当ウェブサイトに掲載することとしています。

当ウェブサイトの位置付け

公平な情報開示の為に、情報の公開後できる限り速やかに当ウェブサイトに当該情報を掲載することに努めていますが、情報通信技術上の障害等により、掲載時期が遅れることもあるため、当ウェブサイトにおける情報開示はあくまで補助的なものと位置付けております。

また、当ウェブサイトには当社が開示している情報全てが掲載されていない場合があります。また、他の方法で開示された情報とは異なった表現方法をしている場合があります。当ウェブサイトを利用されるにあたりましてはこれらのことを十分理解いただいた上でのご利用をお願い致します。

沈黙期間の設定

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきますのでご了承下さい。ただし、この沈黙期間中に当社が公表した業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、プレスリリースにより適宜公表することにしております。

第三者への情報開示と第三者による業績予想に対する姿勢

当社は機関投資家、アナリスト等に対し、既に公表された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等限られた情報に限り言及します。また、第三者によるいかなる当社に関するコメントや業績予想等を支持することはおこないません。

その他

当ウェブサイト上で当社の情報を検索いただく際には、本IRポリシーに加えて、別途掲載の免責事項も合わせてご参照いただけますよう、お願い致します。